スズキ、第3四半期営業利益は8%増の1462億円

自動車 ビジネス 企業動向

スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
  • スズキ ハスラー
  • マルチスズキ・エルティガ
スズキが2月8日に発表した2016年3月期の第3四半期累計(4-12月期)連結決算は、主力のインドでの販売好調や円安効果などにより、営業利益は前年同期比8%増の1462億円となった。                

4輪車の販売は、インドが14%増の97万2000台と高水準になったものの、日本の軽自動車が振るわず、世界では0.4%増の212万2000台と、ほぼ横ばいだった。対米ドルやインドルピーでの円安により、営業損益段階の為替の増益効果は82億円にのぼった。また、原価低減は157億円を確保している。純利益は28%増の1023億円だった。

通期は、営業利益1950億円(前期比9%増) の従来予想を維持したが、純利益は繰延税金資産の取り崩しによって従来比で50億円少ない1200億円(24%増)に修正した。いずれも2期ぶりの最高益更新となる。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

    燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  2. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  3. マツダ、SKYACTIV-Dの燃焼室構造が全国発明表彰 恩賜発明賞を受賞

    マツダ、SKYACTIV-Dの燃焼室構造が全国発明表彰 恩賜発明賞を受賞

  4. 【人とくるまのテクノロジー16】現行 リーフ の倍、60kWhバッテリーを参考出品…日産

  5. 日産ミスフェアレディに新人8名…総勢21名の2016年度新体制発表

  6. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  7. 【人とくるまのテクノロジー16】 クラリティ の大小水素タンク2本が丸見え、 MIRAI との違い…ホンダ

  8. ホンダ、技術テーマで自動車技術会賞を4件を受賞

  9. 【リコール】日野プロフィア 3万3000台、ECU不具合などで走行不能になるおそれ

  10. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

アクセスランキングをもっと見る