スズキ、第3四半期営業利益は8%増の1462億円

自動車 ビジネス 企業動向

スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
  • スズキ ハスラー
  • マルチスズキ・エルティガ
スズキが2月8日に発表した2016年3月期の第3四半期累計(4-12月期)連結決算は、主力のインドでの販売好調や円安効果などにより、営業利益は前年同期比8%増の1462億円となった。                

4輪車の販売は、インドが14%増の97万2000台と高水準になったものの、日本の軽自動車が振るわず、世界では0.4%増の212万2000台と、ほぼ横ばいだった。対米ドルやインドルピーでの円安により、営業損益段階の為替の増益効果は82億円にのぼった。また、原価低減は157億円を確保している。純利益は28%増の1023億円だった。

通期は、営業利益1950億円(前期比9%増) の従来予想を維持したが、純利益は繰延税金資産の取り崩しによって従来比で50億円少ない1200億円(24%増)に修正した。いずれも2期ぶりの最高益更新となる。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

    いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

  2. テスラ、ソーラールーフ開発へ…エネルギー生産と貯蔵を統合

    テスラ、ソーラールーフ開発へ…エネルギー生産と貯蔵を統合

  3. ホンダ欧州販売…33.5%増の8.8万台、ヴェゼル が牽引 上半期

    ホンダ欧州販売…33.5%増の8.8万台、ヴェゼル が牽引 上半期

  4. 三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

  5. 村田製作所、車載カメラに最適な巻線インダクタを商品化

  6. ドイツ高級3ブランドの中国販売、アウディが首位 6月

  7. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  8. ボルボカーズの営業利益が3.3倍 上半期決算

  9. プジョー世界販売…0.5%増の89万台 上半期

  10. 宅配便取扱実績…ヤマト運輸、個数トップもメール便は2割減 2015年度

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら