スズキ、第3四半期営業利益は8%増の1462億円

自動車 ビジネス 企業動向

スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
  • スズキ ハスラー
  • マルチスズキ・エルティガ
スズキが2月8日に発表した2016年3月期の第3四半期累計(4-12月期)連結決算は、主力のインドでの販売好調や円安効果などにより、営業利益は前年同期比8%増の1462億円となった。                

4輪車の販売は、インドが14%増の97万2000台と高水準になったものの、日本の軽自動車が振るわず、世界では0.4%増の212万2000台と、ほぼ横ばいだった。対米ドルやインドルピーでの円安により、営業損益段階の為替の増益効果は82億円にのぼった。また、原価低減は157億円を確保している。純利益は28%増の1023億円だった。

通期は、営業利益1950億円(前期比9%増) の従来予想を維持したが、純利益は繰延税金資産の取り崩しによって従来比で50億円少ない1200億円(24%増)に修正した。いずれも2期ぶりの最高益更新となる。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  2. 【川崎大輔の流通大陸】「メイドインジャパンは必要ない」タイで生きる日系ブランド

    【川崎大輔の流通大陸】「メイドインジャパンは必要ない」タイで生きる日系ブランド

  3. タカタ製エアバッグが異常破裂か、ホンダ車で新たな死者…マレーシア

    タカタ製エアバッグが異常破裂か、ホンダ車で新たな死者…マレーシア

  4. ゼロスポーツ、シングルメーターフードの追加ラインアップを発売

  5. 富士重、「SUBARU」への社名変更を株主総会で決議

  6. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  7. キャンピングカーの売上、過去最高の357億円…2015年 日本RV協会調べ

  8. タントや京阪電車、信号機…さまざまな工業デザインの世界を紹介するイベントが開催

  9. ダンロップ、スタッドレスタイヤ WINTER MAXX 02 を発売---氷上性能を向上

  10. 【カーグッズ】チャイルドシート最新事情…重要ポイントの“安全性能”

アクセスランキングをもっと見る