スズキ第3四半期決算…国内不振もインドなど海外好調で営業利益8.2%増

自動車 ビジネス 企業動向

マルチスズキ・エルティガ
  • マルチスズキ・エルティガ
  • スズキ ハスラー
スズキは2月8日、2015年4-12月期(第3四半期累計)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は2兆3556億円(前年同期比+9.9%)、営業利益は1462億円(+8.2%)、経常利益は1628億円(+12.7%)、四半期純利益は1023億円(+28.0%)だった。

四輪車事業については、国内売上高は軽自動車税増税の影響やOEM売上の減少により、前年同期を下回ったが、海外売上高はインドやパキスタンでの増加等により前年同期を上回った。この結果、四輪車事業の売上高は2兆1307億円(+11.1%)。営業利益はインドでの増益等により1464億円(+9.5%)だった。

二輪車事業については、売上高は欧州やインドでは増加したが、インドネシアでの減少などにより、1729億円(-3.9%)。品質関連費用もあり営業損失は前年同期の50億円から101億円に拡大した。

特機等事業の売上高は米国での船外機の売上増加等により520億円(+12.9%)。営業利益は99億円(+53.0%)となった。

通期連結業績見通しは、来年度の法人税率引下げによる繰延税金資産の取崩を反映し、純利益を前回予想から50億円下方修正し、1200億円とした。売上高、営業利益、経常利益は前回予測を据え置いた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. マツダ ロードスター RF、発売記念車は得意客に優先販売…米国

    マツダ ロードスター RF、発売記念車は得意客に優先販売…米国

  2. ホンダ、米サウスカロライナ工場に投資…ATV増産へ

    ホンダ、米サウスカロライナ工場に投資…ATV増産へ

  3. 豊田合成、LED事業を強化…生産拠点を集約

    豊田合成、LED事業を強化…生産拠点を集約

  4. アルプス電気、自動車用電装品を製造する栗駒電子を吸収合併

  5. ヤマハ発の柳社長、アフリカ開発会議でスピーチ…漁船の開発、現地生産について

  6. 最強高度9H、自動車用ボディコーティング…Ceramic PRO 9H

  7. 全国初のフィアット/アバルト店舗オープン 9月3日

  8. 作業効率が大幅にアップするバランスウエイト。マルエム、1年がかりの自信作

  9. FCA、米工場で新プレスラインが稼働…世界最大規模

  10. デンソーの人工知能プロジェクト…ポイントはDNN、小電力、共通化

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら