米大手部品デルファイの通期決算、営業利益は2.4%増…2015年

自動車 ビジネス 企業動向

デルファイの自動運転車(アウディQ5)
  • デルファイの自動運転車(アウディQ5)
米国の大手自動車部品メーカー、デルファイ・オートモーティブ(以下、デルファイ)は2月4日、2015年通期(1-12月)の決算を発表した。

デルファイは、もともとGMの部品製造子会社。1999年にGMから分社し、独立した企業となった。しかし、2000年代に入って経営状態が悪化。2005年10月、日本の民事再生法に当たる米連邦破産法11条の適用を申請し、事実上、経営破綻した。その後、経営再建を進め、2011年11月、米国ニューヨークの証券取引所に再上場を果たしている。

今回、発表された2015年通期の決算では、売上高が152億ドル(約1兆7813億円)。前年同期に対して、2%の減少となった。

一方、2015年通期の調整後の営業利益は、19億7100万ドル(約2310億円)。前年同期の19億2500万ドルに対して、2.4%増えている。

減収となった背景は、為替相場の影響が大きい。南米での売り上げが、19%減と落ち込んだのも要因。そんな中、2.4%の増益を達成したのは、アジア太平洋と欧州、北米事業が好調だったことと、コスト削減効果による。

デルファイのケビン・クラーク社長兼CEOは、「厳しい世界市場にも関わらず、デルファイのグローバルチームが2015年、力強い業績を残した」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. マツダ ロードスター RF、発売記念車は得意客に優先販売…米国

    マツダ ロードスター RF、発売記念車は得意客に優先販売…米国

  2. 「こち亀ラッピングバス」、80分の1スケールで発売…葛飾で運行中

    「こち亀ラッピングバス」、80分の1スケールで発売…葛飾で運行中

  3. マツダ ロードスター 新型、先行受注予約したユーザーに贈る開発者の「感謝と思い」

    マツダ ロードスター 新型、先行受注予約したユーザーに贈る開発者の「感謝と思い」

  4. 国産名車コレクション スペシャルスケール1/24、先行予約開始…創刊号はトヨタ2000GT

  5. 全国初のフィアット/アバルト店舗オープン 9月3日

  6. アルプス電気、自動車用電装品を製造する栗駒電子を吸収合併

  7. ホンダ、米サウスカロライナ工場に投資…ATV増産へ

  8. 作業効率が大幅にアップするバランスウエイト。マルエム、1年がかりの自信作

  9. 【トヨタ 新型カローラ 発表】送風シートを初採用…トヨタ紡織らが開発

  10. 最強高度9H、自動車用ボディコーティング…Ceramic PRO 9H

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら