ボルボ商用車の通期決算、純利益は6.7倍…2015年

自動車 ビジネス 企業動向

ボルボトラック
  • ボルボトラック
欧州の商用車大手、ボルボグループ(乗用車のボルボカーズとは別会社)は2月5日、2015年通期(1-12月)の決算を明らかにした。

同社の発表によると、2015年通期の売上高は、3125億1500万スウェーデンクローナ(約4兆3127億円)。前年の2829億4800万スウェーデンクローナに対して、10.4%の増加。

また、2015年通期の純利益は、150億9900万スウェーデンクローナ(2085億円)。前年の22億3500万スウェーデンクローナから、6.7倍の増益となっている。

大幅な増益となったのは、為替相場の影響を受けたため。また、いっそうのコスト削減を進めたことも、利益を押し上げる要因に。

2015年の世界新車販売台数は、20万7475台。前年比は2%増だった。ボルボグループのマルティン・ ルンドステット社長兼CEOは、「ボルボは次なる段階へ、入ろうとしている」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

    オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

  2. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

    米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  3. クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

    クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

  4. 【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

  5. 高齢者向けタクシー定期券を再開…福岡市内全域に拡大

  6. スバル富士重 吉永社長「不正な事例はない」…燃費データの社内調査

  7. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  8. 富士重「スバル」へ社名変更、そのねらいとは

  9. 車内温度を素早く下げるには「エアコン+窓全開走行」がおすすめ…JAF検証

  10. マツダ CX-4、中国受注が1万台突破…発売1か月

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら