ホンダ、アコード 34万台を米国でリコール…エアバッグ不具合で負傷者

自動車 ビジネス 海外マーケット

ホンダ アコード(日本名:インスパイア)
  • ホンダ アコード(日本名:インスパイア)
  • ホンダ アコード(日本名:インスパイア)
  • ホンダ アコード(日本名:インスパイア)
ホンダの米国法人、アメリカンホンダは2月3日、『アコード』およそ34万台について、リコール(回収・無償修理)を行うと発表した。

今回のリコールは、エアバッグを制御するコントロールユニットの不具合によるもの。アメリカンホンダによると、製造段階でエアバッグのコントロールユニット内に水分が入り込んだために、ユニットが腐食し故障。事故の際、エアバッグが展開しない恐れがあるという。

なお、アメリカンホンダはこの不具合により、2名の負傷者を確認している。

リコールの対象になるのは、2008-2010年モデルのアコード。米国で販売されたおよそ34万1000台が、リコールに該当する。

アメリカンホンダは、対象車を保有する顧客に通知。販売店において、エアバッグを制御するコントロールユニットを交換するリコール作業を行う。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

    燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  2. 【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

    【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

  3. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  4. 【人とくるまのテクノロジー16】運転支援「次の一手」、開発中の技術を紹介…マツダ

  5. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  6. マツダ、SKYACTIV-Dの燃焼室構造が全国発明表彰 恩賜発明賞を受賞

  7. 【人とくるまのテクノロジー16】スマホと運転、両操作をつなぐ次世代コックピットを日本初公開…ヴァレオ

  8. 【人とくるまのテクノロジー16】 クラリティ の大小水素タンク2本が丸見え、 MIRAI との違い…ホンダ

  9. 日産ミスフェアレディに新人8名…総勢21名の2016年度新体制発表

  10. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

アクセスランキングをもっと見る