【プロショップへ行こう】続・スピーカー装着における匠の技術 パート1…アウターバッフルとは

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

アウターバッフルの例。製作ショップ:カーファイ(神奈川県)。
  • アウターバッフルの例。製作ショップ:カーファイ(神奈川県)。
“カーオーディオ・プロショップ”とはどのようなところなのかをご紹介している当コーナー。今月も引き続き、スピーカー装着におけるプロのワザについて解説していく。テーマは“アウターバッフル”。これについて掘り下げながら、カーオーディオの奥深さにも迫ってみたい。

先月は、ドアの内部加工のあれこれをお伝えした。そして今月は、“アウターバッフル”について解説していく。まず今週は、これが何であるのかをリポートしていこうと思う。

結論から入ろう。“アウターバッフル”とは、「スピーカーの取り付け面を、内張りパネル面に揃える装着スタイル」のことを指している。

ちなみに、先月の当コーナーで触れた“インナーバッフル”とは、スピーカーを固定するためのスペーサー部分のことを指す言葉だった。つまり、“インナーバッフル”とはパーツの名称であるのだが、“アウターバッフル”とは、“様式”の名称なのである。

そして最近は、単に“アウター”とか“アウター化する”というように、“バッフル”を外して呼ばれることも多くなってきている。

さて、“アウターバッフル”のメリットとは何なのだろうか。それは、「スピーカーの音をダイレクトに車室内に送り込めること」。これに尽きると言っていい。内張りの内側に収めるスタイルでは、スピーカーから発せられた音が多少なりとも、パネル内部に入り込んでしまう。そうするとどうしても、音がこもりがちになる。そうならないための対策も施されるのだが、100%対策しきるのは、なかなか難しい…。

それに対して“アウターバッフル”では、スピーカーの表側の音が内張りパネル内に入り込むことはない。そこでエネルギーをロスすることがなくなるのである。結果、サウンドのヌケが良くなる。よりクリアな音が得られるのだ。

このようにメリットが多大な“アウターバッフル”であるのだが、作るのは簡単ではない。というわけで次週は、どのようにカスタムされるのかについて解説していく。“カーオーディオ・プロショップ”が、どんなテクニックを発揮しているのかを、じっくりとご紹介していく。

【カーオーディオ・プロショップへ行こう♪】続・スピーカー装着における匠の技術 Part.1「アウターバッフルとはなんだ?」

《太田祥三》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. 日本発のオリジナルオーディオブランド「ミューディメンション」を聴く

    日本発のオリジナルオーディオブランド「ミューディメンション」を聴く

  2. アルパイン、大画面ナビ「ビッグX」が世界最大となる11型液晶を搭載…アロマも装備

    アルパイン、大画面ナビ「ビッグX」が世界最大となる11型液晶を搭載…アロマも装備

  3. 【官能カーオーディオ!】「イコライザー」で“音”の雰囲気が一変!…“予算0円”のチューニング術

    【官能カーオーディオ!】「イコライザー」で“音”の雰囲気が一変!…“予算0円”のチューニング術

  4. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  5. 始まって以来の“大変革”…新型 カロッツェリア サイバーナビ 発表

  6. ナビタイム、トラック専用カーナビアプリの規制情報考慮範囲を全国に拡大

  7. ユピテル、500万画素CMOS搭載の高性能ドライブレコーダーを発売

  8. ユピテル、衝突警報システム「マエミテ」を発売…レーザーで車間距離を測定

  9. ダイハツ ムーヴに「楽ナビ」取付けてみた…思わぬ所に落とし穴も?

  10. 【GARMIN VIRB-J XE インプレ後編】動画&OBDデータで実現する、クルマの新しい楽しみ方

アクセスランキングをもっと見る