【プロショップへ行こう】続・スピーカー装着における匠の技術 パート1…アウターバッフルとは

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

アウターバッフルの例。製作ショップ:カーファイ(神奈川県)。
  • アウターバッフルの例。製作ショップ:カーファイ(神奈川県)。
“カーオーディオ・プロショップ”とはどのようなところなのかをご紹介している当コーナー。今月も引き続き、スピーカー装着におけるプロのワザについて解説していく。テーマは“アウターバッフル”。これについて掘り下げながら、カーオーディオの奥深さにも迫ってみたい。

先月は、ドアの内部加工のあれこれをお伝えした。そして今月は、“アウターバッフル”について解説していく。まず今週は、これが何であるのかをリポートしていこうと思う。

結論から入ろう。“アウターバッフル”とは、「スピーカーの取り付け面を、内張りパネル面に揃える装着スタイル」のことを指している。

ちなみに、先月の当コーナーで触れた“インナーバッフル”とは、スピーカーを固定するためのスペーサー部分のことを指す言葉だった。つまり、“インナーバッフル”とはパーツの名称であるのだが、“アウターバッフル”とは、“様式”の名称なのである。

そして最近は、単に“アウター”とか“アウター化する”というように、“バッフル”を外して呼ばれることも多くなってきている。

さて、“アウターバッフル”のメリットとは何なのだろうか。それは、「スピーカーの音をダイレクトに車室内に送り込めること」。これに尽きると言っていい。内張りの内側に収めるスタイルでは、スピーカーから発せられた音が多少なりとも、パネル内部に入り込んでしまう。そうするとどうしても、音がこもりがちになる。そうならないための対策も施されるのだが、100%対策しきるのは、なかなか難しい…。

それに対して“アウターバッフル”では、スピーカーの表側の音が内張りパネル内に入り込むことはない。そこでエネルギーをロスすることがなくなるのである。結果、サウンドのヌケが良くなる。よりクリアな音が得られるのだ。

このようにメリットが多大な“アウターバッフル”であるのだが、作るのは簡単ではない。というわけで次週は、どのようにカスタムされるのかについて解説していく。“カーオーディオ・プロショップ”が、どんなテクニックを発揮しているのかを、じっくりとご紹介していく。

【カーオーディオ・プロショップへ行こう♪】続・スピーカー装着における匠の技術 Part.1「アウターバッフルとはなんだ?」

《太田祥三》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. 【カーオーディオ】「ケーブル」にまつわる素朴な疑問を解消…パート2「RCAケーブル」

    【カーオーディオ】「ケーブル」にまつわる素朴な疑問を解消…パート2「RCAケーブル」

  2. フルデジタルサウンドの試聴会で実感…AV Kansai / クラリオン

    フルデジタルサウンドの試聴会で実感…AV Kansai / クラリオン

  3. 【カーオーディオ雑学】「インナーバッフル」の役割とは

    【カーオーディオ雑学】「インナーバッフル」の役割とは

  4. 【官能カーオーディオ!】“予算0円”のサウンド・チューニング術…「バランス&フェーダー」のツボ

  5. 【官能カーオーディオ!】「イコライザー」で“音”の雰囲気が一変!…“予算0円”のチューニング術

  6. アルパイン、大画面ナビ「ビッグX」が世界最大となる11型液晶を搭載…アロマも装備

  7. 渋滞回避がより的確に…約20年ぶりの新サービス「VICSワイド」とは

  8. ユピテル、レンズ可動式のシンプルドラレコ発売…駐車記録機能にオプション対応

  9. ETCの登録型利用照会サービス...車載器持ってなくても登録OK

  10. ケンウッド、ハイレゾ音源対応スピーカー XSシリーズ をモデルチェンジ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら