トヨタ自動車の第3四半期決算…販売台数減少も円安効果などで営業益9%増の2兆3056億円

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ自動車 豊田章男社長(資料画像)
  • トヨタ自動車 豊田章男社長(資料画像)
  • トヨタ プリウス
トヨタ自動車は2月5日、2015年4-12月期(第3四半期)の連結決算を発表した。

それによると、売上高21兆4313億円(前年同期比+6.5%)、営業利益2兆3056億円(+9.0%)、税引前純利益は2兆4529億円(+4.1%)、純利益は1兆8860億円(+9.2%)だった。

第3四半期連結累計期間における日本、海外を合わせた自動車の連結販売台数は、649万3000台(-3.7%)。日本での販売台数は147万7000台(-3.4%)、海外は501万6000台(-3.7%)と、ともに減少した。

営業利益の増減要因については、増益要因として、為替変動の影響が3100億円、原価改善の努力が2350億円、その他の要因が208億円。一方、減益要因として、諸経費の増加ほかが2800億円、販売面での影響が950億円あった。

通期連結業績見通しについては、持分法による投資利益が200億円増加することを加味し、純利益を前回予測から200億円増の2兆2700億円とした。ただし、2月の工場稼働停止の影響は織り込んでいない。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品