トヨタ自動車の第3四半期決算…販売台数減少も円安効果などで営業益9%増の2兆3056億円

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ自動車 豊田章男社長(資料画像)
  • トヨタ自動車 豊田章男社長(資料画像)
  • トヨタ プリウス
トヨタ自動車は2月5日、2015年4-12月期(第3四半期)の連結決算を発表した。

それによると、売上高21兆4313億円(前年同期比+6.5%)、営業利益2兆3056億円(+9.0%)、税引前純利益は2兆4529億円(+4.1%)、純利益は1兆8860億円(+9.2%)だった。

第3四半期連結累計期間における日本、海外を合わせた自動車の連結販売台数は、649万3000台(-3.7%)。日本での販売台数は147万7000台(-3.4%)、海外は501万6000台(-3.7%)と、ともに減少した。

営業利益の増減要因については、増益要因として、為替変動の影響が3100億円、原価改善の努力が2350億円、その他の要因が208億円。一方、減益要因として、諸経費の増加ほかが2800億円、販売面での影響が950億円あった。

通期連結業績見通しについては、持分法による投資利益が200億円増加することを加味し、純利益を前回予測から200億円増の2兆2700億円とした。ただし、2月の工場稼働停止の影響は織り込んでいない。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  2. 【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

    【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

  3. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

    スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  4. 東洋ゴム、経営再建を託された駒口会長が一身上の都合で退任

  5. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  6. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  7. 【リコール】スズキ ソリオ など5万台、エアバッグが開かないおそれ

  8. 【人とくるまのテクノロジー16】スバル、スズキ、いすゞ、日野…自動車メーカーのココ見て![フォトレポート]

  9. 【人とくるまのテクノロジー16】市光工業の標準LEDユニット、自動車技術会賞を受賞

  10. ウェザーニューズ、今年の梅雨の天気傾向を発表…九州は例年より大雨の予想

アクセスランキングをもっと見る