トヨタ、通期連結純利益を2兆2700億円に上方修正

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ プリウス
  • トヨタ プリウス
  • トヨタ自動車 豊田章男社長(資料画像)
トヨタ自動車が2月5日に発表した2016年3月期の第3四半期累計(4-12月期)連結決算は、円安効果や原価改善により、営業利益は前年同期比9%増の2兆3056億円と、同期では過去最高となった。

連結販売実績は主力の北米が2%増の214万台と堅調だったものの、グローバルでは4%減の約649万台となった。営業損益段階の為替効果は3100億円にのぼった。また、原価改善は2350億円を確保している。純利益は9%増の1兆8860億円だった。

通期予想は、営業利益の2兆8000億円(前期比2%増)を据え置いたものの、純利益は2兆2700億円(4%増)と、従来比200億円上方修正した。持分法投資損益の改善に伴うものだ。いずれの利益も3期連続の最高更新となる。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 日本グッドイヤー、ベクター 4シーズンズを日本製に切り替え品揃えも倍増

    日本グッドイヤー、ベクター 4シーズンズを日本製に切り替え品揃えも倍増

  2. FCA、全世界で40万台リコール…配線に不具合

    FCA、全世界で40万台リコール…配線に不具合

  3. ジャガー・ランドローバー、クラシックカー部門の本部を新設…英国

    ジャガー・ランドローバー、クラシックカー部門の本部を新設…英国

  4. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

  5. タクシー初乗り410円、実証実験を都内4か所で実施…8月5日より

  6. 道路内部と路面を同時に計測---三井造船とトノックスが開発へ

  7. 長安マツダ中国販売19%増、CX-5 と アクセラ 好調 上半期

  8. 自動車保険は代理店選びがポイント…自動車整備工場で保険に入るメリット

  9. 【インバウンドジャパン16】東京ハイヤー・タクシー協会、スマホ配車アプリで訪日外国人の取り込みも狙う

  10. JSR、原材料価格下落の影響などで減収減益 2016年4-6月期決算

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら