ユニキャリア、ガソリン/LPGエンジン式フォークリフトを全面改良…燃費を最大14%低減

自動車 ニューモデル 新型車

ユニキャリアは、ガソリン/LPGエンジン式小型フォークリフトをフルモデルチェンジした新型『フォーゼ』(0.9~3.5トン)を販売開始した。

新型フォーゼは、国土交通省2007年排出ガス規制に適合する自社開発エンジンを搭載し、低燃費・低排出ガスを実現した。CO2排出量はガソリン使用時で10%低減した。燃料消費量はガソリン使用時で最大10%、LPG使用時で最大14%低減する。

ディーゼルエンジンのフォーゼに採用したテレスコックピックステアリング機構や、新型パーキングブレーキ、セーフティサポートシステム、パワー/エコノミーモード切替機能を標準装備する。

また、電子制御トランスミッションや最高速切替制御、グッドランニングシステムなどのオプションも設定する。

価格は最大荷重1.5トンタイプが254万8000円(税抜き)。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品