【大阪オートメッセ16】NGK、国産F1マシン「コジマ KE007」を展示

自動車 ビジネス 国内マーケット

日本特殊陶業は、2月12日から14日までインテックス大阪で開催される「大阪オートメッセ2016」での出展概要を発表した。

同社ブースでは、1976年に富士スピードウェイで開催された日本初のF1グランプリに、NGKスパークプラグを装着して参戦した国産F1マシン「コジマ KE007」を、東京オートサロンに続き展示。日本のモータースポーツ史に名を残す伝説のマシンを展示し、NGKスパークプラグがモータースポーツとともに歩んできた歴史を紹介する。

またブース内には、新製品「NGKイグニッションコイル」や市販補修用スパークプラグ「NGK プレミアム RXプラグ」を展示し、優れた着火性をデモ機で実演。また、ブースステージでは実際のエンジンを用いたスパークプラグ交換体験や様々なゲームイベントで、各製品の特長や世界中のレースで活躍するNGKサポートチームを紹介する。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品