ダッジ チャージャー、50万台をリコール…車輪止めを配布へ

自動車 ビジネス 海外マーケット

ダッジ チャージャー の2015年モデル
  • ダッジ チャージャー の2015年モデル
  • ダッジ チャージャー の2015年モデル
  • ダッジ チャージャー の2015年モデル
米国の自動車大手、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)US(旧クライスラーグループ)のダッジブランドのフルサイズセダン、『チャージャー』。同車が、およそ50万台のリコール(回収・無償修理)を行う。

これは2月3日、FCA USが明らかにしたもの。「ダッジ チャージャーに関するリコールを、米国当局に届け出た」と発表している。

今回のリコールは、タイヤ交換のためにジャッキアップした際、ジャッキが車体から外れる恐れがあるために行う。FCAによると、この不具合に起因して、3名の軽傷者が確認されているという。

リコールの対象となるのは、2011-2016 年モデルのダッジ チャージャー。米国では44万1578 台、カナダでは1万9229台、メキシコでは4969台、NAFTA地域外で3万8947台の合計50万4723台がリコールに該当する。

FCA USは、対象車を保有する顧客に通知。ジャッキが車体から外れるのを防ぐために、車輪止めを無償配布するとしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

    オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

  2. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

    米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  3. クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

    クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

  4. 【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

  5. 高齢者向けタクシー定期券を再開…福岡市内全域に拡大

  6. スバル富士重 吉永社長「不正な事例はない」…燃費データの社内調査

  7. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  8. 富士重「スバル」へ社名変更、そのねらいとは

  9. 車内温度を素早く下げるには「エアコン+窓全開走行」がおすすめ…JAF検証

  10. マツダ CX-4、中国受注が1万台突破…発売1か月

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら