お年玉で歓迎…エア・セイシェルがセイシェル=北京直行便を開設

航空 企業動向

エア・セイシェルは2月3日、セイシェルと中国を結ぶ初の定期直行便がセイシェル国際空港に到着したと発表した。

3日10時20分、北京からの第1便がセイシェルに到着し、放水による歓迎を受けた。208人の乗客は北京での式典で搭乗証明書を受け取り、セイシェル到着後は政府観光局からプルメリアの花輪と10セイシェル・ルピー紙幣が入った紅包(中国のお年玉)を贈られた。

セイシェル=北京線の便数は週1往復。フライトスケジュールは次の通り。火曜日運航のHM887便はセイシェルを10時40分に出発し、北京に翌日1時30分に到着。水曜日運航のHM888便は北京を2時50分に出発し、セイシェルに9時20分に到着。機材はエアバスA330。
《日下部みずき》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品