マツダ、第3四半期営業利益は14%増の1734億円と過去最高

自動車 ビジネス 企業動向

マツダ CX-3
  • マツダ CX-3
  • マツダ 藤本哲也執行役員
マツダが2月4日に発表した2016年3月期の第3四半期累計(4-12月期)連結決算は、日本や北米、中国の販売好調とコスト改善などにより、営業利益は前年同期比14%増の1734億円と、同期では過去最高となった。

グルーバル販売台数は14%増の114万5000台となり、全地域でプラスを確保し、最高を更新した。このうち主力の北米は8%増の34万5000台、日本も15%増の16万3000台と市場低迷が続くなかで大きく伸ばした。営業損益段階のコスト改善効果は268億円にのぼった。純利益は税負担増により6%減の1235億円だった。

通期は、営業利益2300億円(前期比13%増)、純利益1550億円(2%減)の従来予想を据え置いた。営業利益は3期連続の最高更新となる。円ドルの前提レートは1ドル121円。都内で会見した藤本哲也執行役員は「CX-3などの新モデルがグローバルで台数貢献している。為替動向については引き続き慎重に見ていきたい」と述べた。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. レクサス IS、世界累計販売100万台…17年で達成

    レクサス IS、世界累計販売100万台…17年で達成

  2. 【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

    【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

  3. いすゞ製観光バスの早期点検を呼びかけ…フロントショック折損のおそれ

    いすゞ製観光バスの早期点検を呼びかけ…フロントショック折損のおそれ

  4. デンソーの人工知能プロジェクト…ねらいは車載器とIoT

  5. ランボルギーニ青山、エアロダイナミックキット装着の ウラカン を展示…9月3日・4日

  6. 三菱自、アウトランダー の中国現地生産を開始

  7. ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

  8. マツダ、初代ロードスターのレストア、パーツ供給を検討

  9. 作業効率が大幅にアップするバランスウエイト。マルエム、1年がかりの自信作

  10. デンソーの人工知能プロジェクト…ADAS研究における立ち位置

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら