スバル富士重、第3四半期営業利益は41%増の4357億円と過去最高

自動車 ビジネス 企業動向

スバル フォレスター(北米仕様)
  • スバル フォレスター(北米仕様)
  • スバル XVクロストレック(北米仕様)
  • スバル アウトバック(北米仕様)
  • スバル WRX(北米仕様)
  • 富士重工業 高橋充専務執行役員
富士重工業(スバル)が2月4日に発表した2016年3月期の第3四半期累計(4-12月期)連結決算は、主力の米国の販売好調や円安効果により、営業利益は前年同期比41%増の4357億円と、同期では過去最高になった。

グルーバルの連結販売台数は7%増の71万2200台となり、このうち最高更新が続く米国は12%増の約45万台だった。営業損益段階の為替効果は1232億円にのぼった。純利益は航空宇宙部門での国との訴訟結審に伴う特別利益計上があり、78%増の3378億円と大幅増益になった。

通期は、営業利益5500億円(前期比30%増)、純利益4140億円(58%増)としている従来予想を据え置いた。ともに4期連続の最高益となる。北米でのエアバッグのリコール増加により、12月には新たに120億円の引き当てを行ったこともあって通期予想の上方修正は行わなかった。

円ドルの通期前提レートは1ドル120 円。高橋充専務執行役員は「米国は大変強いトレンドが続いている。品質関連費用には留意していきたいが、先行きに大きな悲観をもっているわけではない」と評価した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  2. 富士重「スバル」へ社名変更、そのねらいとは

    富士重「スバル」へ社名変更、そのねらいとは

  3. 日産 アルティマ、米国で再リコール84万台…走行中にボンネットが開く恐れ

    日産 アルティマ、米国で再リコール84万台…走行中にボンネットが開く恐れ

  4. マツダ ロードスター に「宮古島」仕様

  5. カレコカーシェアリング、新型ロードスターを都内3ステーションに導入

  6. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  7. 富士重、スバル自動車保険プランを5年ぶりにリニューアル…サービス拡充

  8. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  9. オリックス、カーシェア車両に セレナハイブリッド 30台を導入

  10. 米スバルのSUV、トライベッカ がリコール…走行中にボンネットが開く恐れ

アクセスランキングをもっと見る