GMの通期決算、純利益は3.5倍で過去最高…2015年

自動車 ビジネス 企業動向

米国ミシガン州デトロイト市のGM本社ビル
  • 米国ミシガン州デトロイト市のGM本社ビル
  • 新型シボレー シルバラード
米国の自動車最大手、GMは2月3日、2015年の通期(1-12月)決算を明らかにした。

同社の発表によると、売上高は1524億ドル(約17兆9830億円)。前年の1559億ドルに対して、2.2%減とマイナスに転じた。これは、ドル高が要因。

一方、純利益は、過去最高の97億ドル(約1兆1445億円)。前年の28億ドルに対して、およそ3.5倍の大幅な増益となり、4年ぶりの増益を果たした。

大幅な増益となった背景は、地元の米国での新車販売が好調なことが要因。好景気とガソリン価格の下落により、収益性の高いSUVやピックアップトラックの販売が伸びた。

GMのメアリー・バーラ会長兼CEOは、「2015年は素晴らしい業績。今後も中核事業の強化を継続していく」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ヤマト運輸、問い合わせにAIが自動で対応…LINE公式アカウントに機能追加

    ヤマト運輸、問い合わせにAIが自動で対応…LINE公式アカウントに機能追加

  2. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  3. 富士重、「SUBARU」への社名変更を株主総会で決議

    富士重、「SUBARU」への社名変更を株主総会で決議

  4. 【川崎大輔の流通大陸】「メイドインジャパンは必要ない」タイで生きる日系ブランド

  5. キャンピングカーの売上、過去最高の357億円…2015年 日本RV協会調べ

  6. タカタ製エアバッグが異常破裂か、ホンダ車で新たな死者…マレーシア

  7. タントや京阪電車、信号機…さまざまな工業デザインの世界を紹介するイベントが開催

  8. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  9. JVCケンウッド、「i-ADAS事業統括部」を新設…自動車分野のソリューションビジネスを強化

  10. ゼロスポーツ、シングルメーターフードの追加ラインアップを発売

アクセスランキングをもっと見る