GMの通期決算、純利益は3.5倍で過去最高…2015年

自動車 ビジネス 企業動向

米国ミシガン州デトロイト市のGM本社ビル
  • 米国ミシガン州デトロイト市のGM本社ビル
  • 新型シボレー シルバラード
米国の自動車最大手、GMは2月3日、2015年の通期(1-12月)決算を明らかにした。

同社の発表によると、売上高は1524億ドル(約17兆9830億円)。前年の1559億ドルに対して、2.2%減とマイナスに転じた。これは、ドル高が要因。

一方、純利益は、過去最高の97億ドル(約1兆1445億円)。前年の28億ドルに対して、およそ3.5倍の大幅な増益となり、4年ぶりの増益を果たした。

大幅な増益となった背景は、地元の米国での新車販売が好調なことが要因。好景気とガソリン価格の下落により、収益性の高いSUVやピックアップトラックの販売が伸びた。

GMのメアリー・バーラ会長兼CEOは、「2015年は素晴らしい業績。今後も中核事業の強化を継続していく」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

    【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

  2. ジヤトコ、軽・小型FF車用「CVT7」の生産が累計1000万台達成…7年1か月

    ジヤトコ、軽・小型FF車用「CVT7」の生産が累計1000万台達成…7年1か月

  3. 日本車初期品質、ブランド別でトヨタがトップ…JDパワー

    日本車初期品質、ブランド別でトヨタがトップ…JDパワー

  4. レクサス IS、世界累計販売100万台…17年で達成

  5. ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

  6. ガラス用フィルム施工…国家技能検定を開催 9月1日から受け付け

  7. デンソー、自動運転技術の開発を強化…カーネギーメロン大金出教授が顧問に

  8. 米運輸省、FCAの監視期間を1年延長…安全慣行めぐって

  9. ピニンファリーナデザインの高級ルーフボックス、テルッツォが発売

  10. MINI クラブマン 新型、米国でリコール…サイドエアバッグに不具合

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら