人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

関西国際空港、春節・旧正月で国際線旅客が過去最大規模の混雑となる見込み

航空 企業動向

新関西国際空港は、春節・旧正月を含む2月5日~14日までの10日間、国際線の旅客数が約55万人に達するとの予想を発表した。

10日間の国際線の旅客数は出発が27万8300人、到着が27万900人で、合計54万9200人の利用を見込んでいる。1日平均5万4900人で、前年同期比30%増となる見通し。多客期として過去最高となった2015年のお盆期間を超える混雑が予想されるとしている。

方面別では韓国、中国。台湾がトップ3。出発のピークは2月14日で3万900人、到着のピークは2月6日で3万400人を予想。最も利用者が多いのは2月6日で5万8100人を見込んでいる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. ANA、ボーイング787機の整備で欠航が発生 9月26日から

    ANA、ボーイング787機の整備で欠航が発生 9月26日から

  2. リオ五輪選手団や都知事を乗せたJAL・ANA機、羽田着…吉田沙保里は“スタボー側”から

    リオ五輪選手団や都知事を乗せたJAL・ANA機、羽田着…吉田沙保里は“スタボー側”から

  3. アシアナ航空、日本・東南アジア路線の一部を運休へ…傘下LCCが運航引き継ぎ

    アシアナ航空、日本・東南アジア路線の一部を運休へ…傘下LCCが運航引き継ぎ

  4. ピーチ、乗客からの問い合わせに人工知能が対応

  5. ドローン操縦の初級者向け講習会 9月1日から

  6. JAL、機内インターネット無料を延長 2017年3月末まで

  7. 職業体験施設キッザニアの飛行機パビリオンをリニューアル…ANA

  8. IHI、航空機エンジン部品を製造する新工場が竣工…エアバスA320neo向け

  9. ボーイング、営業赤字に転落…787型機開発費など 4-6月期決算

  10. ドバイのアール・マクトゥーム国際空港、1~6月利用客数は95%増

アクセスランキングをもっと見る