関西国際空港、春節・旧正月で国際線旅客が過去最大規模の混雑となる見込み

航空 企業動向

新関西国際空港は、春節・旧正月を含む2月5日~14日までの10日間、国際線の旅客数が約55万人に達するとの予想を発表した。

10日間の国際線の旅客数は出発が27万8300人、到着が27万900人で、合計54万9200人の利用を見込んでいる。1日平均5万4900人で、前年同期比30%増となる見通し。多客期として過去最高となった2015年のお盆期間を超える混雑が予想されるとしている。

方面別では韓国、中国。台湾がトップ3。出発のピークは2月14日で3万900人、到着のピークは2月6日で3万400人を予想。最も利用者が多いのは2月6日で5万8100人を見込んでいる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. JAL、新千歳空港に最上級ラウンジ「ダイヤモンド・プレミアムラウンジ」を新設

    JAL、新千歳空港に最上級ラウンジ「ダイヤモンド・プレミアムラウンジ」を新設

  2. ANA、「九州ふっこう割」活用で最大2万円のクーポン

    ANA、「九州ふっこう割」活用で最大2万円のクーポン

  3. ルフトハンザドイツ、短・中距離線でインターネット接続サービスを開始へ

    ルフトハンザドイツ、短・中距離線でインターネット接続サービスを開始へ

  4. 日本トランスオーシャン航空、名古屋=沖縄線に737-800型機導入…大型化

  5. ガルーダ・インドネシア航空、東京=デンパサール線の機材を変更へ…8月7日-10月17日

  6. ライアンエアー、欧州委員会にスト対策を求める…仏ストは13週で12度

  7. 関西国際空港、国際線が好調で航空機発着回数が11%増…5月

  8. タイプエス、上空気象観測用ドローンを10月に発売

  9. ガルーダ・インドネシア航空、「スーパーダイヤモンドシート」採用のA330を受領

  10. エミレーツ航空、ドバイ=ダカール線にB777-300ERを投入…9月2日から

アクセスランキングをもっと見る