VW、3.0リットルV6ディーゼルのリコール計画を米当局に提出

自動車 ビジネス 海外マーケット

フォルクスワーゲン トゥアレグの新ディーゼル搭載車
  • フォルクスワーゲン トゥアレグの新ディーゼル搭載車
  • ポルシェ カイエン ディーゼル
  • アウディの3.0リットルV6TDI搭載車(米国仕様)
一部ディーゼル車に、排出ガス試験を不正にクリアする違法なソフトウェアを搭載していたフォルクスワーゲングループ。同社が今度は、3.0リットルV6エンジン搭載車のリコール計画を、米国当局に提出したことが分かった。

これは2月2日、CARB(カリフォルニア州大気資源局)が明らかにしたもの。「フォルクスワーゲングループオブアメリカから提出された3.0リットルディーゼル車に関するリコール計画を、受理した」と発表している。

この問題は、米国で2015年9月、排気量2.0リットルの直列4気筒ディーゼルエンジン搭載車で発覚。その後、2015年11月には、排気量3.0リットルのV型6気筒ディーゼルエンジンでも、排ガス不正が行われていたと、同エンジンを開発したアウディが認めた。

違法ソフトが搭載されていた3.0リットルV型6気筒ターボディーゼル「TDI」車は、米国ではフォルクスワーゲン『トゥアレグ』、ポルシェ『カイエン』、アウディ『A6クワトロ』『A7クワトロ』『A8』『A8L』『Q5』『Q7』。2009‐2015年モデルの8車種およそ8万5000台が対象になる。

今回、フォルクスワーゲングループオブアメリカは、3.0リットルディーゼル車に関するリコール計画を米当局に提出。これを受理したCARBは、「今後、リコール計画の内容を精査していく」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. VW、米政府と和解…排ガス不正車を買い取りへ

    VW、米政府と和解…排ガス不正車を買い取りへ

  2. マツダの4車種、米国でリコール…ステアリングに不具合

    マツダの4車種、米国でリコール…ステアリングに不具合

  3. スバル レガシィ、米国でリコール…ステアリングに不具合

    スバル レガシィ、米国でリコール…ステアリングに不具合

  4. マツダ、グローバル生産台数が17か月ぶりのマイナス…5月実績

  5. ダイハツ、トヨタの完全子会社化を株主総会で承認

  6. スタイリッシュな車載防災セット、カーエマージェンシーボックス発売

  7. スズキ、登録車好調も軽自動車販売は17か月連続マイナス…5月実績

  8. 三菱自動車の下請け7800社、不正影響拡大が懸念…帝国データバンク

  9. メルセデス Cクラス、米国でリコール…パワーステアリングに不具合

  10. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

アクセスランキングをもっと見る