VW、3.0リットルV6ディーゼルのリコール計画を米当局に提出

自動車 ビジネス 海外マーケット

フォルクスワーゲン トゥアレグの新ディーゼル搭載車
  • フォルクスワーゲン トゥアレグの新ディーゼル搭載車
  • ポルシェ カイエン ディーゼル
  • アウディの3.0リットルV6TDI搭載車(米国仕様)
一部ディーゼル車に、排出ガス試験を不正にクリアする違法なソフトウェアを搭載していたフォルクスワーゲングループ。同社が今度は、3.0リットルV6エンジン搭載車のリコール計画を、米国当局に提出したことが分かった。

これは2月2日、CARB(カリフォルニア州大気資源局)が明らかにしたもの。「フォルクスワーゲングループオブアメリカから提出された3.0リットルディーゼル車に関するリコール計画を、受理した」と発表している。

この問題は、米国で2015年9月、排気量2.0リットルの直列4気筒ディーゼルエンジン搭載車で発覚。その後、2015年11月には、排気量3.0リットルのV型6気筒ディーゼルエンジンでも、排ガス不正が行われていたと、同エンジンを開発したアウディが認めた。

違法ソフトが搭載されていた3.0リットルV型6気筒ターボディーゼル「TDI」車は、米国ではフォルクスワーゲン『トゥアレグ』、ポルシェ『カイエン』、アウディ『A6クワトロ』『A7クワトロ』『A8』『A8L』『Q5』『Q7』。2009‐2015年モデルの8車種およそ8万5000台が対象になる。

今回、フォルクスワーゲングループオブアメリカは、3.0リットルディーゼル車に関するリコール計画を米当局に提出。これを受理したCARBは、「今後、リコール計画の内容を精査していく」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

    スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

  2. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

    マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  3. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

    ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

  4. ホンダの総生産台数、13か月連続プラス…7.8%増の42万5305台 6月実績

  5. 日産のグローバル生産台数、過去最高…48万7908台 6月実績

  6. 【リコール】UDトラックス クオン、謎の自動ブレーキ…プログラム不具合だった

  7. マツダ、国内販売が9か月連続マイナス…36.4%減 6月実績

  8. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

  9. マツダ 藤本常務、円高には「会社のリソーセス総動員して対応」

  10. 日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら