マツダ Bシリーズ、米国中心に追加リコール…タカタ製エアバッグの不具合

自動車 ビジネス 海外マーケット

マツダBシリーズ
  • マツダBシリーズ
マツダの米国法人、北米マツダは2月1日、タカタ製エアバッグの不具合により、米国中心におよそ1万9000台の『Bシリーズ』を追加リコール(回収・無償修理)すると発表した。

このリコールは、タカタ製のエアバッグのインフレーター(膨張装置)の不具合によるもの。ガス発生剤の成型工程や成型後の吸湿防止措置が正しく行われず、密度が不足したガス発生剤が組み込まれた可能性がある。これにより、エアバッグ展開時にインフレーター内圧が異常上昇。インフレーター容器が破損して飛び散り、出火や乗員が負傷する恐れがあるという内容。

今回の追加リコールは、マツダBシリーズの兄弟車、フォード『レンジャー』が追加リコールを行うことを受けての対応。米国で2015年12月、フォードレンジャーの2006年モデルが事故を起こし、エアバッグの異常破裂で乗員が死亡。ホンダ車以外で初の死亡事故となったことから、米当局が自動車メーカーに対して、追加リコールを要請していた。

マツダの場合、米国中心におよそ1万9000台のBシリーズ(2004-2006年モデル)を追加リコール。従来は、2007-2009年モデルが対象だったが、リコール該当モデルの年式を拡大する。

北米マツダは、「マツダBシリーズに関しては、この不具合による事故や負傷者の報告はない」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  2. 国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

    国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

  3. 【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

    【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

  4. マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

  5. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  6. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

  7. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

  8. スズキ、国内販売5か月ぶりのプラス…新型 イグニス など好調 6月実績

  9. パナソニックの第1四半期決算、円高で減収減益も想定通りに推移

  10. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら