米国新車販売0.3%減、トヨタが3位に後退…1月

自動車 ビジネス 海外マーケット

トヨタ カムリ(米国仕様)
  • トヨタ カムリ(米国仕様)
  • 日産 ローグ
  • ホンダ アコード(米国仕様)
  • 新型シボレー シルバラード
  • 新型フォード F-150
  • ラム1500
民間調査会社のオートデータ社は2月2日、1月の米国新車販売の結果を公表した。総販売台数は114万8057台。前年同月比は0.3%減と、5か月ぶりに前年実績を下回った。

米国ビッグ3では、首位のGMが20万3745台を販売。前年同月比は0.5%増と、5か月連続で前年実績を上回った。シボレーブランドの主力中型セダン、『マリブ』が、24.1%増の1万4746台と、3か月ぶりに増加。主力の大型ピックアップトラックの『シルバラード』は、前年同月比4.9%増の3万7863台と、22か月連続で前年実績を上回る。

トヨタを上回り、3か月ぶりに2位のフォードモーターは、17万2478台を販売。前年同月比は2.8%減と、8か月ぶりの前年実績割れ。主力中型セダンの『フュージョン』が、0.9%増の1万9877台と、2か月連続で増加。主力SUVの『エスケープ』は、4.2%減の1万9219台と、2か月ぶりに減少した。ベストセラー大型ピックアップトラックの『Fシリーズ』は、5.2%減の5万1540台と、12か月ぶりに前年実績を下回った。

FCA US(旧クライスラーグループ)は、引き続き4位。その販売台数は15万5037台で、前年同月比は6.9%増と70か月連続のプラスを維持した。大型ピックアップトラックの『ラム』が、5%増の2万9938台と、2か月ぶりに増加。クライスラーブランドでは、ミニバンの『タウン&カントリー』が、39%増の8380台と好調。

日本メーカーのビッグ3では、3か月ぶりに3位に後退したトヨタが、16万1283台を販売。前年同月比は4.7%減と、5か月ぶりに前年実績を下回った。ベストセラー乗用車の『カムリ』は、0.3%増の2万6848台と、5か月連続で増加。『カローラ』は18.3%減の2万2362台と、2か月ぶりに減少する。『RAV4』は2万1554台で、前年同月比は8.7%増と、5か月連続のプラス。

日産は、ホンダを上回り、10か月ぶりの5位。1月は、10万5734台を販売。前年同月比は1.6%増と、5か月連続の前年実績超え。主力の『アルティマ』(日本名:新型『ティアナ』)が2万2156台を販売。前年同月比は16.1%減と、4か月連続で前年実績を下回る。『セントラ』は、12.2%増の1万6144台と、5か月連続で増加。主力SUVの『ローグ』は1万9762台を売り上げ、前年同月比は26.3%増と18か月連続で前年実績を上回った。

ホンダは、日産を下回り、10か月ぶりの6位。1月は10万0497台を売り上げ、前年同月比は1.7%減と、2か月ぶりに前年実績を割り込む。主力車の中では、『アコード』が2万0765台で、前年同月比は1.2%減と5か月ぶりに減少。『CR‐V』は1万9208台にとどまり、前年同月比は17.2%減と、4か月連続で減少。『HR-V』(日本名:『ヴェゼル』)は4177台と、良好な立ち上がりを示している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 三菱 eKシリーズ、7月5日から販売再開

    三菱 eKシリーズ、7月5日から販売再開

  2. トヨタ プリウス などのリコール、米国に拡大…カーテンエアバッグに不具合

    トヨタ プリウス などのリコール、米国に拡大…カーテンエアバッグに不具合

  3. 【リコール】マツダなど5社、タカタ製エアバッグ不具合で73車種144万台を追加

    【リコール】マツダなど5社、タカタ製エアバッグ不具合で73車種144万台を追加

  4. 【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

  5. メルセデス AMG GT、米国でリコール…駆動系に不具合

  6. 都内の自家用車保有世帯、6人に1人がカーシェアリングの会員…ジャストシステム調べ

  7. マツダ英国販売12%増、CX-3 と ロードスター が牽引…1‐5月

  8. アバルト全モデル、フィアット正規ディーラー全国79店舗での販売を開始

  9. 【リコール】日野レンジャー など、ターボチャージャ不具合でエンストのおそれ

  10. 日産、ロシア工場10周年…「現地生産を継続」

アクセスランキングをもっと見る