三菱自動車の第3四半期決算…車種構成改善やコスト削減で営業益1.2%増

自動車 ビジネス 企業動向

三菱自動車本社
  • 三菱自動車本社
  • 三菱 アウトランダー PHEV
  • 三菱 eKワゴン
三菱自動車は2月3日、2015年4-12月期(第3四半期累計)の連結決算を発表した。

それによると、売上高1兆6619億円(前年同期比+4.6%)、営業利益は1020億円(+1.2%)、経常利益は1066億円(-11.2%)、四半期純利益は767億円(-22.2%)だった。

第3四半期累計期間の販売台数は78万7000台(-2%)。海外市場は、北米が10万1000台(+19%)、欧州が12万9000台(+18%)と好調だったが、ロシアや中国、インドネシアが不振。国内も登録車は増加したが、市場環境が厳しい軽自動車が不振で、6万6000台(-16%)と大幅な減少となった。

収益面は、市場措置費用の増加はあったものの、コスト低減努力によるプラス影響や台数・車種構成等の改善により、営業利益は1.2%の増益となった。四半期純利益については、米国生産終了に伴う特別損失153億円を計上したことで、22.2%の減益となった。

通期連結業績見通しは、直近の経済状況や市場動向等を踏まえ、売上高を2兆2600億円(-200億円)に下方修正。販売台数および各利益項目は前回予測を据え置いた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

    アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

  2. 軍用ロボ? いえトラクターです…ランボルギーニ MACH VRT T4i

    軍用ロボ? いえトラクターです…ランボルギーニ MACH VRT T4i

  3. 自動車メーカー、他社牽制力ランキング トップ3はトヨタ 日産 ホンダ

    自動車メーカー、他社牽制力ランキング トップ3はトヨタ 日産 ホンダ

  4. トヨタのブレーキ合弁、アドヴィックス…増資と持株比率を変更

  5. 【スマートコミュニティ16】トヨタ、新型プリウスPHV 日本仕様を初公開

  6. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  7. ホンダ、軽自動車販売が18か月ぶりのプラス…4月実績

  8. 【人とくるまのテクノロジー16】住友電装、軽くて安いアルミハーネスで市場の席巻狙う

  9. 【人とくるまのテクノロジー16】圧電センサーを参考出品、車載シートへの導入目指す…積水化学工業

  10. スバル富士重、国内販売が5か月ぶりのプラス…4月実績

アクセスランキングをもっと見る