三菱自動車の第3四半期決算…車種構成改善やコスト削減で営業益1.2%増

自動車 ビジネス 企業動向

三菱自動車本社
  • 三菱自動車本社
  • 三菱 アウトランダー PHEV
  • 三菱 eKワゴン
三菱自動車は2月3日、2015年4-12月期(第3四半期累計)の連結決算を発表した。

それによると、売上高1兆6619億円(前年同期比+4.6%)、営業利益は1020億円(+1.2%)、経常利益は1066億円(-11.2%)、四半期純利益は767億円(-22.2%)だった。

第3四半期累計期間の販売台数は78万7000台(-2%)。海外市場は、北米が10万1000台(+19%)、欧州が12万9000台(+18%)と好調だったが、ロシアや中国、インドネシアが不振。国内も登録車は増加したが、市場環境が厳しい軽自動車が不振で、6万6000台(-16%)と大幅な減少となった。

収益面は、市場措置費用の増加はあったものの、コスト低減努力によるプラス影響や台数・車種構成等の改善により、営業利益は1.2%の増益となった。四半期純利益については、米国生産終了に伴う特別損失153億円を計上したことで、22.2%の減益となった。

通期連結業績見通しは、直近の経済状況や市場動向等を踏まえ、売上高を2兆2600億円(-200億円)に下方修正。販売台数および各利益項目は前回予測を据え置いた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ポルシェ、EVスポーツの開発と生産準備…1400名以上を雇用

    ポルシェ、EVスポーツの開発と生産準備…1400名以上を雇用

  2. 定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

    定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

  3. 【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

    【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

  4. 【リコール】ダイハツ タント 80万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ…塩害地域は要注意

  5. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  6. 三菱 アウトランダー 旧型、米国でリコール…融雪剤の影響で腐食

  7. タクシー初乗り410円、実証実験を都内4か所で実施…8月5日より

  8. フィアット欧州販売、13%増の9.8万台…Aセグ首位維持 6月

  9. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

  10. インプ vs ランエボ、WRC黄金期の2台をレンタルで乗り比べ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら