アルバイトは見た…赤裸々な上司の姿、理想と現実のギャップ

エンターテインメント 話題

 世代によって仕事観が違うように、理想の上司像もさまざまだ。アルバイト求人情報サービス「an」がそんな上司について、若者を対象に調査を行った。

 アンケートの対象は15歳から24歳の男女2472人で、「バイト先の理想の上司・店長像」と「現実の上司・店長ができていること」について複数回答で聞いている。調査期間は2015年7月28日から7月30日で、有効回答数は1867件。

 この調査で理想と現実がもっとも乖離していたのは「えこひいきをしない」というもの。63.4%が理想の条件に挙げているが、実際の上司が「できている」と答えたのは21%にとどまった。

 anによると、回答者が「えこひいき」と感じた事例として顕著だったのは、「かわいい女の子やお気に入りの女の子には怒らない」といった女性スタッフへの対応の差だという。対応や注意、指導の仕方だけでなく「特定の女性スタッフだけ名前で呼ぶ」といったことも「えこひいき」を感じさせることとして挙げられていた。

 理想と現実のギャップとしては、「えこひいき」に次いで「スタッフをやる気にさせてくれる」「スタッフが楽しく働ける雰囲気づくり」というモチベーション管理に関わる項目が2位、3位にランクインしている。1位の「えこひいき」は対照的にモチベーションを下げる原因になる事柄だ。

 「ある程度仕事をまかせてくれる」といったやりがいに関わる項目は34.3%とやや支持率が低く、職場のムードに関わる項目が上位に来ている形だ。anはこうした結果の背景として、若者世代がアルバイトをお金のための労働というより、「楽しく働く場」としたい意識が強まっていることがあると分析している。

 なお、理想と現実の乖離率トップ10に入った項目のなかで「理想の上司像」としてもっとも支持を受けているのは「いざというときにフォローしてくれる・責任を取ってくれる」で65.6%。こちらは約3割は現実の上司もできていると回答されており、乖離率は4位だった。
★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら

アルバイトが感じる上司の理想と現実、最大のギャップは何?

《こばやしあきら/H14》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エンターテインメント アクセスランキング

  1. 年収1000万円以上の6割が朝型、成功者に共通するライフスタイル

    年収1000万円以上の6割が朝型、成功者に共通するライフスタイル

  2. 高いけどほしい! タイプライター風のBluetoothキーボード

    高いけどほしい! タイプライター風のBluetoothキーボード

  3. 【GARMIN epixJ インプレ前編】登山地形図がプリインストールされたマルチスポーツ対応ウォッチ

    【GARMIN epixJ インプレ前編】登山地形図がプリインストールされたマルチスポーツ対応ウォッチ

  4. 副業で自分の会社を立ち上げる? 30代独身男の起業法

  5. 巨人・マイコラスの美しすぎる妻、ライフスタイル本を発売

  6. 【GARMIN Edge 520J インプレ前編】コンパクトさと多機能を両立した定番サイクリングコンピュータの進化系

  7. 【GARMIN vivosmart HR J インプレ前編】アクティビティトラッカーの新しい存在意義を見いだした意欲作

  8. 【GARMIN fenix 3J HR インプレ前編】装着するだけで心拍数も測れるfenix…多くのアクティビティに対応

  9. 【GARMIN vivoactive J インプレ前編】Apple Watchに似てApple Watchに非ず? カスタム自在の万能型スマートウォッチ

  10. 【GARMIN vivoactive J インプレ後編】ライバルはApple Watch? コスパで群抜く体育会系スマートウォッチ

アクセスランキングをもっと見る