人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

豊田自動織機の第3四半期決算…カーエアコンやフォークリフト事業好調で営業益11.1%増

自動車 ビジネス 企業動向

豊田自動織機は2月3日、2015年4-12月期(第3四半期)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は1兆6945億円(前年同期比+7.0%)、営業利益は995億円(+11.1%)、経常利益は1622億円(+12.6%)、四半期純利益は1728億円(+70.1%)だった。

エンジン事業はKD型ディーゼルエンジンやAR型ガソリンエンジンの減少により減収となったが、車両組立事業はRAV4 ハイブリッドの生産開始により増収。カーエアコン用コンプレッサー部門も北米や中国で好調だったほか、フォークリフトトラック事業も北米や欧州で増加し、売上増に貢献した。

収益は、人件費や減価償却費の増加、原材料の値上がりなどがあったものの、増収や原価改善、為替変動による影響などで増益となった。純利益については、子会社株式の売却に伴う特別利益898億円を計上したことなどで、70.1%の大幅増となった。

通期連結業績見通しは、受取配当金の増加により、経常利益を1930億円(+60億円)、純利益を1920億円(+50億円)にそれぞれ上方修正。売上高2兆2300億円、営業利益1300億円は前回予測を据え置いた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

    【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

  2. 【リコール】ダイハツ タント 80万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ…塩害地域は要注意

    【リコール】ダイハツ タント 80万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ…塩害地域は要注意

  3. タクシー業者の実態、台当たり運送収入は上昇も収入総額は減少…帝国データバンク

    タクシー業者の実態、台当たり運送収入は上昇も収入総額は減少…帝国データバンク

  4. 高齢者向けタクシー定期券を再開…福岡市内全域に拡大

  5. 恋人に会うために使えるタクシー料金、あなたはいくら?…ゼンリンデータコム調査結果

  6. 【リコール】日野レンジャー など、ターボチャージャ不具合でエンストのおそれ

  7. 日産、リコール対象車の入庫を促進…未実施車のバックドアで負傷事故発生

  8. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  9. ダイハツ タント、バックドアのステー破損で負傷事故発生

  10. 定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

アクセスランキングをもっと見る