ドコモ、昨対3割増4924億円の純利益…事業再編が功奏 | レスポンス(Response.jp)

ドコモ、昨対3割増4924億円の純利益…事業再編が功奏

自動車 ビジネス 企業動向

 NTTドコモは1月29日、説明会を開催。2016年3月期第3四半期(2015年9月1日~12月31日)決算を発表した。営業収益は3兆3,835億円で前年同期比1.7%と微増ながら、営業利益は6,855億円(同16.8%増)で2桁増。最終的な四半期純利益は、4,924億円(同29.0%増)に達した。

 同期においては、日本生命保険、日本マクドナルドなどのパートナー企業との連携を推進。「ドコモポイント」のサービスを拡大した「dポイント」の提供を開始した。一方でスマートフォン向け放送サービス「NOTTV」等を終了決定するなど、事業を積極的に再編。

 「月々サポート」による減収影響はあったが、スマホの2台目需要増によるモバイル通信サービス収入の増加、2015年3月に開始した「ドコモ光」の契約数の拡大、dマーケットをはじめとしたスマートライフ領域の順調な成長により、売上は前年より1.7%増となった。

 営業費用は、スマートライフ領域の収入の増加に連動する費用が増加したが、コスト効率化の取り組みに伴い、販売関連費用やネットワーク関連費用が減少。これにより、前年同期に比べ417億円減を実現し、最終的に大幅な利益増となっている。

NTTドコモ、大幅な利益増に……2016年3月期第3Q決算

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品