人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

ドコモ、昨対3割増4924億円の純利益…事業再編が功奏

自動車 ビジネス 企業動向

 NTTドコモは1月29日、説明会を開催。2016年3月期第3四半期(2015年9月1日~12月31日)決算を発表した。営業収益は3兆3,835億円で前年同期比1.7%と微増ながら、営業利益は6,855億円(同16.8%増)で2桁増。最終的な四半期純利益は、4,924億円(同29.0%増)に達した。

 同期においては、日本生命保険、日本マクドナルドなどのパートナー企業との連携を推進。「ドコモポイント」のサービスを拡大した「dポイント」の提供を開始した。一方でスマートフォン向け放送サービス「NOTTV」等を終了決定するなど、事業を積極的に再編。

 「月々サポート」による減収影響はあったが、スマホの2台目需要増によるモバイル通信サービス収入の増加、2015年3月に開始した「ドコモ光」の契約数の拡大、dマーケットをはじめとしたスマートライフ領域の順調な成長により、売上は前年より1.7%増となった。

 営業費用は、スマートライフ領域の収入の増加に連動する費用が増加したが、コスト効率化の取り組みに伴い、販売関連費用やネットワーク関連費用が減少。これにより、前年同期に比べ417億円減を実現し、最終的に大幅な利益増となっている。

NTTドコモ、大幅な利益増に……2016年3月期第3Q決算

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

    三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

  2. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

    米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  3. いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

    いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

  4. 日本精工、米国集団訴訟で和解---軸受製品の価格カルテルについて

  5. 宅配便取扱実績…ヤマト運輸、個数トップもメール便は2割減 2015年度

  6. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  7. 2代目トヨタ プリウスのタクシー、累計走行距離100万km達成…オーストリア

  8. 自動車タイヤ販売、軽自動車向け不振で2か月連続のマイナス 6月

  9. 新名神 四日市JCT~東海環状 東員IC間…港湾物流の効率化に期待 8月11日開通

  10. 軽自動車の世帯当たり普及台数…100世帯に54.3台 2015年末現在

アクセスランキングをもっと見る