マルチスズキの決算、純利益は27%増…2015年10-12月期

自動車 ビジネス 企業動向

スズキ セレリオ
  • スズキ セレリオ
  • スズキ SX4 S-クロス
  • マルチスズキ アルトK10
インド乗用車市場でトップシェアを握るスズキの現地法人、マルチスズキは1月28日、2015年度10-12月期の決算を公表した。

同社の発表によると、売上高は1476億7700万ルピー(約2630億円)。前年同期の1226億3100万ルピーに対して、20.4%増と、2桁の伸びを示す。

また、純利益は101億9300万ルピー(約180億円)。前年同期の80億2200万ルピーに対して、27.1%の増益を達成している。

マルチスズキの2015年度10-12月期の新車販売台数は、37万4182台。前年同期の32万3911台に対して、15.5%増と好調だった。37万4182台の内訳は、インド国内が34万2995台。輸出は3万1187台。輸出は、前年同期比8.6%増。

マルチスズキは、「インド国内販売の伸びやコスト削減、為替相場などが、10-12月期の好決算をもたらした」とコメントしている。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品