【デリーモーターショー16】タタ新型SUV「ヘキサ」市販車を発表へ

自動車 ニューモデル モーターショー

タタ ヘキサ コンセプト
  • タタ ヘキサ コンセプト
  • タタ ヘキサ コンセプト
  • タタ ヘキサ コンセプト
インドの自動車大手、タタモーターズは2月3日、インドで開幕するデリーモーターショー(オートエキスポ)16において、『ヘキサ』の市販モデルを発表する。

タタは2015年春、ジュネーブモーターショー15に『ヘキサ コンセプト』を出品。同車は、タタモーターズが将来、市販予定のSUVを示唆したコンセプトカー。傘下の英国の高級SUVメーカー、ランドローバーの技術も、一部に導入していた。

ヘキサ コンセプトは、タタモーターズが2010年、インド市場に投入したMPV、『アリア』の車台をベースに開発。搭載エンジンは、2.2リットル直列4気筒ターボディーゼル。最大出力156psを引き出す。

室内は、3列シートで6名乗車を実現。タタモーターズは、このヘキサ コンセプトの考え方を反映させた市販モデルを、2016年に発売する計画を掲げていた。

タタは2月3日、インドで開幕するデリーモーターショー16において、ヘキサの市販モデルを発表する計画。なお、現時点では、市販モデルの画像や詳細は、明らかにされていない。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

    ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

  2. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

    【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  3. 【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

    【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

  4. VWの新型SUV、車名は「トラモント」か…中国メディアがスクープ

  5. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

  6. 【インタビュー】"効率"はエコだけじゃない!EVパワーモードでコスパを実感してほしい…トヨタ プリウスPHV 豊島チーフエンジニア

  7. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  8. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  9. ポルシェ カイエン 次期型、“ランデブー”高地テストを激写

  10. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら