イエローハット、店舗増加などによる固定費増加で減益…2015年4-12月期決算

自動車 ビジネス 企業動向

イエローハットが発表した2015年4-12月期(第3四半期)の連結決算は、経常利益が前年同期比4.2%減の63億2600万円と減益だった。

売上高は新規出店や既存店のてこ入れ効果で、カー用品・二輪用品が増収となり、同1.5%増の982億5400万円と増収だった。

収益では、販売費・一般管理費、広告宣伝費、子会社店舗増加に伴う人件費や賃借料が増加した影響で、営業利益は同9.6%減の53億8700万円と減益となった。四半期純利益は同4.9%減の42億9200万円と減益となった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品