【SUPER GT】GAINERも新型 AMG GT3 を導入…2016年体制を発表

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2016年のSUPER GT参戦体制を発表したGAINER(写真は2015シーズン)
  • 2016年のSUPER GT参戦体制を発表したGAINER(写真は2015シーズン)
  • 2016年のSUPER GT参戦体制を発表したGAINER(写真は2015シーズン)
  • 11号車は引き続き平中克幸とビヨン・ビルドハイムのコンビ
  • 2015年チャンピオンのアンドレ・クート
  • 今年、11号車に導入されるメルセデス-AMG GT3
  • 今年、11号車に導入されるメルセデス-AMG GT3
SUPER GTのGT300クラスに参戦するGAINERは2日、2016年の参戦体制を発表。今年からデリバリーが始まるメルセデスの新型FIA-GT3車両『メルセデス-AMG GT3』を導入することが明らかになった。

昨年はメルセデス『SLS AMG GT3』と日産『GT-R NISMO GT3』の2台体制でエントリーしたGAINER。そのうち10号車のGT-Rが2勝を挙げる大活躍で、チームチャンピオンを獲得。ドライバーズ部門ではフル参戦し全戦でポイントを獲得したアンドレ・クートがチャンピオンに輝き、ブランパン耐久シリーズで6戦のみのエントリーとなったが、2勝に貢献した千代勝正がランキング2位に入った。

一方、エースカーの11号車も平中克幸/ビヨン・ビルドハイム組がメルセデスSLS AMG GT3を駆り、表彰台を4度獲得。シリーズランキング5位を獲得した。

今年も引き続き2台体制でエントリーするが、11号車はメルセデスが新しくデリバリーを開始するメルセデス-AMG GT3を導入。戦闘力の大幅アップが図られていることは確実で、今シーズンのGT300クラスで台風の目になることは間違いない。ドライバーは引き続き平中とビルドハイムのコンビとなる。

一方GT-Rの方はGT300のチャンピオンナンバーであるゼッケン0番をつける。ドライバーは日産/NISMOの体制発表のタイミングでの公開となるようで、今回のリリースでは「TBN(調整中)」となっていた。

チャンピオンのクートの残留は確実となっているが、パートナーを務めた千代が今季GT500にステップアップすると噂されている。昨年千代と第2ドライバーのシートをシェアしていた富田竜一郎になる可能性も高いが、その他のドライバーになる可能性も否定できない。実際のところは日産の体制発表で明らかとなる。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【SUPER GT 第6戦】スバル WRX S4 tS コンセプトを展示

    【SUPER GT 第6戦】スバル WRX S4 tS コンセプトを展示

  2. 【SUPER GT 第6戦】レクサス LC500 がGTマシンに昇華

    【SUPER GT 第6戦】レクサス LC500 がGTマシンに昇華

  3. 【SUPER GT 第6戦】伝統の鈴鹿1000km、ポールは武藤英紀&ターベイ組のNSXが獲得

    【SUPER GT 第6戦】伝統の鈴鹿1000km、ポールは武藤英紀&ターベイ組のNSXが獲得

  4. 2017年「FIA 日本スーパーラリーシリーズ」が発足…国際格式3戦で構成

  5. 【SUPER GT】レクサス LC500…来季は規則で速度抑制も、開発の永井氏「速くするのが仕事」

  6. 【グッドウッド16】780馬力 インプレッサ がヒルクライム最速、マクラーレンP1 超えた

  7. 【SUPER GT】レクサスの17年GT500クラス新車は LC500 …鈴鹿で初公開

  8. MEGA WEB、ベルリエ 22CV を特別展示…世界に1台の希少モデル

  9. 【新聞ウォッチ】全日空の「B787」、英ロールス・ロイス製エンジン不具合で350便欠航へ

  10. 【INDYCAR】2017年の日程公開…来季は1戦増の全17レースを予定

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら