【SUPER GT】GAINERも新型 AMG GT3 を導入…2016年体制を発表

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2016年のSUPER GT参戦体制を発表したGAINER(写真は2015シーズン)
  • 2016年のSUPER GT参戦体制を発表したGAINER(写真は2015シーズン)
  • 2016年のSUPER GT参戦体制を発表したGAINER(写真は2015シーズン)
  • 11号車は引き続き平中克幸とビヨン・ビルドハイムのコンビ
  • 2015年チャンピオンのアンドレ・クート
  • 今年、11号車に導入されるメルセデス-AMG GT3
  • 今年、11号車に導入されるメルセデス-AMG GT3
SUPER GTのGT300クラスに参戦するGAINERは2日、2016年の参戦体制を発表。今年からデリバリーが始まるメルセデスの新型FIA-GT3車両『メルセデス-AMG GT3』を導入することが明らかになった。

昨年はメルセデス『SLS AMG GT3』と日産『GT-R NISMO GT3』の2台体制でエントリーしたGAINER。そのうち10号車のGT-Rが2勝を挙げる大活躍で、チームチャンピオンを獲得。ドライバーズ部門ではフル参戦し全戦でポイントを獲得したアンドレ・クートがチャンピオンに輝き、ブランパン耐久シリーズで6戦のみのエントリーとなったが、2勝に貢献した千代勝正がランキング2位に入った。

一方、エースカーの11号車も平中克幸/ビヨン・ビルドハイム組がメルセデスSLS AMG GT3を駆り、表彰台を4度獲得。シリーズランキング5位を獲得した。

今年も引き続き2台体制でエントリーするが、11号車はメルセデスが新しくデリバリーを開始するメルセデス-AMG GT3を導入。戦闘力の大幅アップが図られていることは確実で、今シーズンのGT300クラスで台風の目になることは間違いない。ドライバーは引き続き平中とビルドハイムのコンビとなる。

一方GT-Rの方はGT300のチャンピオンナンバーであるゼッケン0番をつける。ドライバーは日産/NISMOの体制発表のタイミングでの公開となるようで、今回のリリースでは「TBN(調整中)」となっていた。

チャンピオンのクートの残留は確実となっているが、パートナーを務めた千代が今季GT500にステップアップすると噂されている。昨年千代と第2ドライバーのシートをシェアしていた富田竜一郎になる可能性も高いが、その他のドライバーになる可能性も否定できない。実際のところは日産の体制発表で明らかとなる。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【鈴鹿8耐】ポル・エスパルガロがポールポジション獲得…2年連続の2分06秒台

    【鈴鹿8耐】ポル・エスパルガロがポールポジション獲得…2年連続の2分06秒台

  2. 【鈴鹿8耐】4耐決勝は波乱の展開に…優勝はAstra Honda Racing Team

    【鈴鹿8耐】4耐決勝は波乱の展開に…優勝はAstra Honda Racing Team

  3. 【鈴鹿8耐】決勝前は走りも見られる! 史上最速のNinja H2Rたちを披露

    【鈴鹿8耐】決勝前は走りも見られる! 史上最速のNinja H2Rたちを披露

  4. 【鈴鹿8耐】ヤマハ・ファクトリーが唯一の2分06秒台で予選トップタイムを記録

  5. 【鈴鹿8耐】ニッキー・ヘイデン、日本のファンらと自らのバースデーを祝う

  6. 隅田川花火大会、首都高速が一部通行止め 7月30日

  7. 【鈴鹿8耐】青木宣篤とバイク芸人が白熱トーク!今年の優勝チームはどこだ!?

  8. スーパーカー4台がトーナメントで激突! 勝負の行方は…[動画]

  9. 【鈴鹿8耐】優勝候補ヤマハのローズが転倒…公式予選1回目

  10. トヨタ スープラ 後継車…2.5ハイブリッドターボで400psレベルか

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら