【SUPER GT】GAINERも新型 AMG GT3 を導入…2016年体制を発表 | レスポンス(Response.jp)

【SUPER GT】GAINERも新型 AMG GT3 を導入…2016年体制を発表

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2016年のSUPER GT参戦体制を発表したGAINER(写真は2015シーズン)
  • 2016年のSUPER GT参戦体制を発表したGAINER(写真は2015シーズン)
  • 2016年のSUPER GT参戦体制を発表したGAINER(写真は2015シーズン)
  • 11号車は引き続き平中克幸とビヨン・ビルドハイムのコンビ
  • 2015年チャンピオンのアンドレ・クート
  • 今年、11号車に導入されるメルセデス-AMG GT3
  • 今年、11号車に導入されるメルセデス-AMG GT3
SUPER GTのGT300クラスに参戦するGAINERは2日、2016年の参戦体制を発表。今年からデリバリーが始まるメルセデスの新型FIA-GT3車両『メルセデス-AMG GT3』を導入することが明らかになった。

昨年はメルセデス『SLS AMG GT3』と日産『GT-R NISMO GT3』の2台体制でエントリーしたGAINER。そのうち10号車のGT-Rが2勝を挙げる大活躍で、チームチャンピオンを獲得。ドライバーズ部門ではフル参戦し全戦でポイントを獲得したアンドレ・クートがチャンピオンに輝き、ブランパン耐久シリーズで6戦のみのエントリーとなったが、2勝に貢献した千代勝正がランキング2位に入った。

一方、エースカーの11号車も平中克幸/ビヨン・ビルドハイム組がメルセデスSLS AMG GT3を駆り、表彰台を4度獲得。シリーズランキング5位を獲得した。

今年も引き続き2台体制でエントリーするが、11号車はメルセデスが新しくデリバリーを開始するメルセデス-AMG GT3を導入。戦闘力の大幅アップが図られていることは確実で、今シーズンのGT300クラスで台風の目になることは間違いない。ドライバーは引き続き平中とビルドハイムのコンビとなる。

一方GT-Rの方はGT300のチャンピオンナンバーであるゼッケン0番をつける。ドライバーは日産/NISMOの体制発表のタイミングでの公開となるようで、今回のリリースでは「TBN(調整中)」となっていた。

チャンピオンのクートの残留は確実となっているが、パートナーを務めた千代が今季GT500にステップアップすると噂されている。昨年千代と第2ドライバーのシートをシェアしていた富田竜一郎になる可能性も高いが、その他のドライバーになる可能性も否定できない。実際のところは日産の体制発表で明らかとなる。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品