日本特殊陶業、自動車向け好調で増収・営業増益…2015年4-12月期決算

自動車 ビジネス 企業動向

日本特殊陶業が発表した2015年4-12月期(第3四半期)の連結決算は、経常利益が前年同期比1.7%減の521億4300万円だった。

売上高は同11.7%増の2879億1300万円と増収となった。北米や欧州を中心に自動車向けが好調だったのに加え、為替換算の効果もあった。

営業利益は増収などの効果で同11.1%増の517億3700万円と増益となった。四半期純利益は、米国の独占禁止法違反の関係で一部顧客に対する和解金148億3700万円を特別損失に計上したため、同14.1%減の255億7800万円と減益となった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 米トヨタ、タカタ製エアバッグで追加リコール…約158万台

    米トヨタ、タカタ製エアバッグで追加リコール…約158万台

  2. 三菱自、開発部門副社長に日産の山下元副社長

    三菱自、開発部門副社長に日産の山下元副社長

  3. スズキと三菱自の重複1次仕入先は167社…東京商工リサーチ

    スズキと三菱自の重複1次仕入先は167社…東京商工リサーチ

  4. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  5. 【人とくるまのテクノロジー16】マツダ、G-ベクタリング コントロールなど最新技術を紹介

  6. ブリヂストン米子会社、ベネズエラ事業を売却

  7. BMWの中国新車販売、7.4%減の3.5万台…4月

  8. フォード F-150 先代、北米でリコール…突然1速にシフトダウン

  9. バスタ新宿オープンから1カ月、約58万人が利用

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】NTN、電動モータ・アキュエータシリーズを開発

アクセスランキングをもっと見る