韓国キアの通期決算、純利益は12.1%減…2015年

自動車 ビジネス 企業動向

キア・リオ
  • キア・リオ
  • キア フォルテ セダン
  • キア・オプティマ
韓国のキアモーターズ(起亜自動車。以下、キア)は1月27日、2015年の通期(1-12月)決算を明らかにした。

同社の発表によると、2015年の売上高は、49兆5210億ウォン(約4兆9521億円)。前年の47兆0970億ウォンに対して、5.1%の増収となった。

一方、2015年の純利益は、2兆6310億ウォン(約2361億円)。前年の2兆9940億ウォンに対して、12.1%の減益となっている。

2桁の減益となった背景は、中国経済の減速の影響がある。2015年の中国での販売は、前年比6.3%のマイナス。米国市場においては、販売促進費用が増して、収益性が悪化したのも響いた。

なお、2015年のキアの世界新車販売は、過去最高の291万6118台。前年比は0.3%増だった。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

    国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

  2. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  3. FBIがフェラーリ F50 を全損、弁償せず…秘密捜査?

    FBIがフェラーリ F50 を全損、弁償せず…秘密捜査?

  4. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  5. マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

  6. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

  7. 【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

  8. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

  9. 【リコール】UDトラックス クオン、謎の自動ブレーキ…プログラム不具合だった

  10. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら