スズキのインド高級店「NEXA」が100店舗目

自動車 ビジネス 海外マーケット

マルチスズキの新ディーラー「NEXA」のイメージ
  • マルチスズキの新ディーラー「NEXA」のイメージ
  • スズキ SX4 S-クロス
  • スズキ バレーノ
スズキのインド法人、マルチスズキは1月22日、インド国内の新ディーラーネットワーク、「NEXA」の100店舗目を開業した。

NEXAは、従来マルチスズキになかった高級ショールームの総称。マルチスズキは2020年までに、年間200万台の新車販売目標を掲げる。そのために、インドの新たな顧客層を取り組む目的で、NEXAは立ち上げられた。

NEXAでは、顧客がNEXAでしか得られない体験、おもてなし、最新のデジタル機器を駆使した情報提供などを重視。ショールームも、白と黒を基調にした落ち着いた雰囲気に仕上げられる。

2015年7月下旬、NEXAの第一号店がオープン。それから約6か月の短期間で、ディーラーネットワークが100店舗に拡大した。100店舗目は、ムンバイに立地。

NEXAでは現在、『Sクロス』と『バレーノ』を販売中。マルチスズキは、「2017年までに、250店舗へ拡大する」と意気込む。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品