東燃ゼネラルが下方修正、原油価格下落による在庫評価損が増加

自動車 ビジネス 企業動向

東燃ゼネラル石油は、原油価格が急落したことから、2015年12月期の通期業績見通しを下方修正した。

売上高は前回予想より221億円マイナスの2兆6279億円となる見込み。

原油価格の急落で在庫評価損を前回予想より221億円増の871億円を計上、営業利益は前回予想より100億円マイナスの20億円となる見込み。

経常損益は110億円を想定していたが3億円の赤字となる見込み。当期純利益は20億円を予想していたが1億円に下方修正した。

在庫評価損を含まない営業利益は想定を上回る見通しとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 「自動ブレーキ」名前の認知度97.3%も、半数は機能を誤解…JAF調べ

    「自動ブレーキ」名前の認知度97.3%も、半数は機能を誤解…JAF調べ

  2. 三菱自、燃費不正問題で特別損失1億円を計上

    三菱自、燃費不正問題で特別損失1億円を計上

  3. ガソリン11週連続値上がり、レギュラー前週比0.4円高の119.2円

    ガソリン11週連続値上がり、レギュラー前週比0.4円高の119.2円

  4. 三菱自、益子会長が社長職を兼任…副社長3名は退任

  5. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  6. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  7. 旭化成、リチウムイオン二次電池用セパレーターの設備能力を増強

  8. 米国高級車販売、BMWが首位…メルセデスとレクサスを抑える 4月

  9. ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

  10. 【カーエレ最前線】ライティングでドレスアップという選択

アクセスランキングをもっと見る