東燃ゼネラルが下方修正、原油価格下落による在庫評価損が増加 | レスポンス(Response.jp)

東燃ゼネラルが下方修正、原油価格下落による在庫評価損が増加

自動車 ビジネス 企業動向

東燃ゼネラル石油は、原油価格が急落したことから、2015年12月期の通期業績見通しを下方修正した。

売上高は前回予想より221億円マイナスの2兆6279億円となる見込み。

原油価格の急落で在庫評価損を前回予想より221億円増の871億円を計上、営業利益は前回予想より100億円マイナスの20億円となる見込み。

経常損益は110億円を想定していたが3億円の赤字となる見込み。当期純利益は20億円を予想していたが1億円に下方修正した。

在庫評価損を含まない営業利益は想定を上回る見通しとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品