ホンダ岩村副社長、中国市場「自動車に関するリスクはなく、今年も市場は伸びる」

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダは1月29日に2015年度第3四半期決算の会見を行った。その中で岩村哲夫副社長は中国市場について「米国と同様に好調に推移している」と述べ、今年も過去最高の販売を目指す考えを示した。

ホンダは昨年、『XR-V』や『ヴェゼル』などのスポーツ用多目的車(SUV)の販売が好調で、中国での販売台数が101万台と初めて突破。これで日系メーカーとしては、日産自動車、トヨタ自動車に次いで“100万台プレーヤー”の仲間入りを果たした。

しかし、中国経済はこのところ減速感が強まり、自動車の販売についても先行きを心配する声が少なくない。それに対し、岩村副社長は「自動車に関するリスクは考えていない」とし、「中国の自工会も市場全体で260万台、昨年の2459万台から約6%アップするという数字を出している。私どもも総市場は伸びていくと見ている」と述べた。

そういう中でホンダは、引き続きSUVの売れ行きが好調なことや昨年11月に発売した中国専用モデル『グライツ』の新車効果を期待できることから、昨年を6万台上回る107万台の販売を目指す。欧州、南米、そして日本市場で苦戦が続いているだけに、この数字はなんとしてもクリアしたいところだろう。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ブリッド、リクライニングシートの新モデル ディーゴIIIライツ を発売

    ブリッド、リクライニングシートの新モデル ディーゴIIIライツ を発売

  2. 三菱 eKシリーズ、7月5日から販売再開

    三菱 eKシリーズ、7月5日から販売再開

  3. ホンダ アコード、40周年…米国累計販売は1270万台以上

    ホンダ アコード、40周年…米国累計販売は1270万台以上

  4. 【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

  5. 【土井正己のMove the World】英国のEU離脱、「だまされた」のは工場労働者

  6. クルマとビールが楽しめる“ザテラス”…メルセデスとヱビスがコラボ

  7. 「Drive or Drink」がコンセプト…メルセデスとヱビスがコラボ

  8. 【リコール】マツダなど5社、タカタ製エアバッグ不具合で73車種144万台を追加

  9. マツダ英国販売12%増、CX-3 と ロードスター が牽引…1‐5月

  10. トヨタ プリウス などのリコール、米国に拡大…カーテンエアバッグに不具合

アクセスランキングをもっと見る