日野、国内トラック販売上方修正…軽油価格安が上振れ要因

自動車 ビジネス 企業動向

日野自動車 梶川宏 取締役専務役員
  • 日野自動車 梶川宏 取締役専務役員
  • 日野自動車 決算会見
  • 日野自動車 決算会見
  • 日野・レンジャー
  • 日野 プライドカスタム(プロフィア カーゴ)
日野自動車は1月29日、2015年度の国内販売を従来見通しから1500台引き上げ6万500台に修正することを明らかにした。14年度との比較では4.5%の伸びを見込むことになる。

日野の梶川宏取締役専務役員は同日都内で開いた決算会見で「足元12月までのトラック総需要は4000台くらい上振れている。これは軽油価格が安くなったことが市場を上振れさせる要因になっている。これを受けて当初18万台とみていた15年度の需要予想を前年度並みの18万4000台に見直す」と述べ、自社の国内販売計画を上方修正した背景を説明した。

ただ中国経済減速や資源安を背景に海外販売を下方修正したことから、15年度の収益予想そのものは据え置いた。

また国内販売の先行きについては「15年度は復興需要対応の一段落などで建設系のニーズが少し止まっていたが、2020年に東京オリンピックがあることで、今年の夏頃から建設系の需要はとくに東京地区においては出てくるのではないかとみている。あるいはそういうことが出てくることを実は期待している」とした。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 4トン6輪車が浮いた! カーシェアのエニカが G63 AMG 6×6 の試乗会を開催

    4トン6輪車が浮いた! カーシェアのエニカが G63 AMG 6×6 の試乗会を開催

  2. スズキ、登録車好調も軽自動車販売は19か月連続のマイナス 7月実績

    スズキ、登録車好調も軽自動車販売は19か月連続のマイナス 7月実績

  3. 国産名車コレクション スペシャルスケール1/24、先行予約開始…創刊号はトヨタ2000GT

    国産名車コレクション スペシャルスケール1/24、先行予約開始…創刊号はトヨタ2000GT

  4. ジープ ラングラー 次期型、ボディパネルは自社製に…新工場で生産

  5. ホンダの総生産台数、14か月ぶりのマイナス…4.3%減の37万2472台 7月実績

  6. マツダ ロードスター RF、発売記念車は得意客に優先販売…米国

  7. クサくないタクシー「ファブタク」発進!…日本交通とファブリーズがコラボ

  8. マツダ、世界生産台数が3か月連続マイナス 7月実績

  9. ダイハツ、国内販売10.7%増の4万7897台 7月実績

  10. 日産、海外販売39万1514台…欧米市場好調 7月度新記録

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら