【官能カーオーディオ!】ダイハツ純正オプションスピーカー「DIATONE SOUND SPEAKER」を聴く

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

ダイハツ・コペン(DIATONE SOUND SPEAKER デモカー)
  • ダイハツ・コペン(DIATONE SOUND SPEAKER デモカー)
  • DIATONE SOUND SPEAKER・ウェイク用(ダイハツ純正オプションスピーカー)
  • DIATONE SOUND SPEAKER・タント用(ダイハツ純正オプションスピーカー)
  • DIATONE SOUND SPEAKER・リア用コアキシャルスピーカー(ダイハツ純正オプションスピーカー)
  • DIATONE SOUND.NAVI(ダイハツ純正オプション モデル)
  • 市販プレミアムモデルと同一の「タイムアライメント」機能が搭載され、車種別に音質データが設定されている(当画面はユーザーからは見えない設定になっている。写真は設定画面のイメージ)。
  • 「フロント左右独立31バンドグラフィックイコライザー」設定画面。こちらも市販プレミアムモデルと同一の仕様(当画面はユーザーからは見えない設定になっている。写真は設定画面のイメージ)。
新たなダイハツ純正オプションスピーカー、『DIATONE SOUND SPEAKER』シリーズが登場した。その名のとおり、国産ハイエンド・カーオーディオブランドである“ダイヤトーン”が新開発した、車種専用のスペシャルスピーカーシステムである。

このニュー・スピーカーの実力を探るべく、試聴取材を実行した。これから2回にわたり、そのインプレッション・リポートを展開していく。まず前編となる当記事では、製品の特長解説を中心にお届けしていく。

最初に、当シリーズのラインナップをご紹介しておこう。「コペン」「ムーヴ」「CAST」「タント」「ウェイク」以上5車種用のフロントスピーカーと、「コペン」を除いた4車種に共通のリアスピーカー1種(税込価格:2万9160円※取り付け費別途)が用意されている。フロントスピーカーの価格は、「コペン」「ムーヴ」「CAST」用がそれぞれ3万5640円(税込※取り付け費別途)、「タント」「ウェイク」用がそれぞれ3万7800円(税込※取り付け費別途)となっている。

ちなみに、“ダイヤトーン”といえば現在、アフター市場にて名機『DS-G500』(税抜価格:16万円)と、スタンダードグレードとなる『DS-G20』(税抜価格:6万円)の、2機種の2ウェイスピーカーを擁している。それらと比較するとこの『DIATONE SOUND SPEAKER』シリーズは、エントリーグレードに位置付けられる。

ところが…。スピーカーの性能に多大な影響を与える“振動板”に、市販2スピーカーに使われているものと同等な素材『NCV』が採用されている。この『NCV』とは、ダイヤトーン・スピーカーのアイデンティティとも言えるスペシャル素材だ。エントリーグレードでありながらも『NCV』を注入してきたあたり、『DIATONE SOUND SPEAKER』の実力には大きな期待が持てそうだ。

このダイヤトーンが独自開発した『NCV』とは、相当なハイテク素材である。カーボンナノチューブと数種類の樹脂の最適な配合によって生み出されていて、スピーカーの振動板素材に求められるいくつかの要素を、ほぼ理想的に有している、

求められる要素とは“硬さ”、“軽さ”、そして“固有音の影響の少なさ”、以上の3つだ。ところが、これらは相反する要素でもある。いかなる素材でも大概は、硬くなるほどに重くなり、軽くするほどに弱くなる。例えば、紙。紙は“固有音の影響”が少ない素材だ。しかも軽い。しかし硬さが不足しがちである。対してアルミニウムは、硬くてある程度軽いが、“固有音の影響”が大きい。アルミを叩くとアルミ特有の音がするが、このように、素材自体が響きを発生するのは上手くないのである。

それに対して『NCV』は、“硬さ”と“軽さ”を併せ持ちながら、“固有音の影響”も紙とほぼ同等レベルまで少なくできている。ゆえに、ダイヤトーンの市販スピーカーは高音質を達成できているのだ。従って、これが使われている『DIATONE SOUND SPEAKER』の音質も、推して知るべし、なのである。

また、今回試聴したデモカー『コペン』には、話題の“ハイエンドオーディオ&カーナビゲーションシステム”、『DIATONE SOUND.NAVI』のダイハツ純正オプションモデルも搭載されている(ダイハツ専用車種別音質データをプリセット)。

なお、この『DIATONE SOUND.NAVI』もまた、カーオーディオ専門家の多くに高く評価されている逸品である。評価されているポイントは2つ。「基本的な音質性能が磨き込まれていること」と、「詳細なサウンドチューニング機能が搭載されていること」、以上の2点だ。どちらも、ハイエンド・カーオーディオユニットとしてトップレベルの完成度を誇っている。

であるがゆえに、当ナビをシステムの核に用いて、ド級の本格ハイエンド・システムを構築している愛好家も多々存在している。そんな上級機がコントロールユニットとして搭載されているのである。その点においても、デモカー『コペン』のサウンドクオリティは、推して知るべしだ。

さて、詳しいインプレッション・リポートは次回にお届けするが、結論だけ先にお伝えしておこう。この『コペン』で聴くことができたサウンドは、本格ハイエンド・システムで聴かれるそれに肉薄するレベルであった。『DIATONE SOUND SPEAKER』シリーズの実力を、疑う余地はない。

どのように上質だったのかを、さらには、それが実現できている“鍵”についても、次回に詳しくリポートしていく。

後編は明日公開予定だ。お読み逃しなく。
《太田祥三》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. ホンダアクセス、純正ナビをモデルチェンジ…車両本体との連携機能強化

    ホンダアクセス、純正ナビをモデルチェンジ…車両本体との連携機能強化

  2. ものすごい可能性を感じさせる新発想ガジェット「KKP(くるくるピッ)」

    ものすごい可能性を感じさせる新発想ガジェット「KKP(くるくるピッ)」

  3. 【ジャパントラックショー16】ミシュラン、IoTによるタイヤモニタリングシステムを公開へ

    【ジャパントラックショー16】ミシュラン、IoTによるタイヤモニタリングシステムを公開へ

  4. ユピテル、萌えキャラ「霧島レイ」のレーダー探知機第4弾モデルを発売

  5. ドコモ地図ナビ、徒歩ルートの案内表示を強化

  6. マツダ、G-ベクタリングコントロールと自動ブレーキ技術でキッズデザイン賞を受賞

  7. 【日産 プロパイロット】東名高速の300Rを100km/hで曲がれるか?

  8. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  9. 【官能カーオーディオ!】「イコライザー」で“音”の雰囲気が一変!…“予算0円”のチューニング術

  10. 「カロッツェリア・サイバーナビは音が良い」というウワサの真偽を徹底検証! Part.1「高音質設計に込められた思いと、技術」に迫る!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら