ホンダ S660 のデザインを深く知る…東京・原宿で展覧会 2月1日まで

自動車 ビジネス 国内マーケット

S660の原型となったEV-STERのオブジェ
  • S660の原型となったEV-STERのオブジェ
  • 「S660 Design / Photo Exhibition」会場
  • 1階の展示。中央にあるのはフルサイズのインテリア・モックアップ
  • EV-STERのオブジェ
  • スケッチによるデザイン展開
  • デザイナーの仕事環境
  • デザイナーの仕事環境
  • 1/4スケールのクレイモデル
本田技術研究所のデザイン室は、『S660』のデザインをより深く知ることができる展覧会『S660 Design / Photo Exhibition』を東京・原宿で1月29日から開催している。内容はデザインプロセスの紹介と、3人の写真家によるS660を被写体にした写真展だ。

会場となっているのは、JR原宿駅近くのホンダ・アドバンスドデザインスタジオ東京。1階はS660のエクステリアとインテリア、それにカラーやインテリア部品などのデザイン過程に焦点を当てた展示になっている。

エクステリアデザインの紹介は、2011年の東京モーターショーで公開されたコンセプトカー『EV-STER』のスケッチからはじまる。量産プロジェクトとしてのデザイン展開や4分の1スケールのクレイモデルを、マーカーやクレイ切削ツール、計測器などとともに展示。臨場感のある内容だ。

インテリアデザインでは、部品メーカーによる試作品をはじめ塗料メーカーや表皮メーカーのサンプルが並ぶ。それぞれ付箋で説明がされていて、デザインの知識のない人でも新型車開発のプロセスが理解できるようになっている。

このほか、開発中の様子を撮影したスナップ写真や記録映像も紹介されている。「アイデアを形にし、新たな価値を生み出すステップを知ってもらえれば」とデザイン室スタッフ。

写真展は地下1階。在本彌生、伊藤徹也、池田晶紀という3人の写真家にS660を貸し出し、注文は一切つけずに自由に撮ってもらったものだという。軽スポーツカーを、それぞれまったく異なる価値を持つ存在として捉え、表現しているのが興味深い。

写真を見たデザイナーが、自分では気づいていなかった造形の価値に気づかされた様子などがテキストで紹介されているのも面白い。

もうひとつ興味深いのは、通常は部外者立ち入り禁止の施設に入ることができる、ということだ。もちろん業務に関わる部分は非公開だが、秘匿事項に満ちた開発施設に足を踏み入れることのできる貴重な機会となっている。

この展覧会は2月1日まで開催され、開場時間は10~18時。スタジオ所在地は東京都渋谷区千駄ヶ谷3-60-2。
《古庄 速人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

    国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

  2. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  3. マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

    マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

  4. 【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

  5. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  6. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

  7. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

  8. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

  9. 【リコール】UDトラックス クオン、謎の自動ブレーキ…プログラム不具合だった

  10. 日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら