ホンダ岩村副社長「アメリカは非常に良い新車モデルサイクルに」

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダ 岩村哲夫 副社長
  • ホンダ 岩村哲夫 副社長
  • ホンダ 岩村哲夫 副社長
  • ホンダ シビック セダン 新型
  • ホンダCR-V 次期型 PHV スクープ写真
  • ホンダ リッジライン(デトロイトモーターショー16)
  • ホンダ オデッセイ(米国仕様)
ホンダの岩村哲夫副社長は1月29日に都内にある本社で開いた決算会見で、主力の米国市場での2016年の販売見通しについて「非常に良い新車モデルサイクルにかかってくる。170万台にできるだけ近づけたい」と述べた。

岩村副社長は「アメリカでは新型『シビック』がカー・オブ・ザ・イヤーを取得した。昨年5月以降、『パイロット』、『HR-V』と投入し、極めて好調な販売を進めている。またインセンティブについても業界の中で最低レベルを維持している。ニューモデルについてはほとんどゼロという状況で、かなり少ない金額でのインセンティブを継続している」と足元で好調な販売が続いていることを強調した。

さらに「総市場は昨年1747万台で、今年についてもほぼ同等の1750万台であろうという見通しをたてている。そういう中でホンダとしては引き続きニューモデルを投入する」と明かした。

具体的には「シビックは今年の初めに2ドアクーペ、半ば以降に5ドアも追加されるということもあって、販売を押し上げる。それに加えて『オデッセイ』、ボリュームセラーである『CR-V』のフルモデルチェンジ、年末にかけて『リッジライン』ということで、非常に良い新車モデルサイクルにかかってくる」と説明した上で、「170万台にできるだけ近づけるような台数を16年はやっていきたいと考えている」と述べた。

ホンダの15年の米国での販売実績は前年比3%増の158万6551台だったことから、7%程度の伸びをみこむことになる。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

    【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

  2. 【リコール】マツダなど5社、タカタ製エアバッグ不具合で73車種144万台を追加

    【リコール】マツダなど5社、タカタ製エアバッグ不具合で73車種144万台を追加

  3. トヨタ プリウス などのリコール、米国に拡大…カーテンエアバッグに不具合

    トヨタ プリウス などのリコール、米国に拡大…カーテンエアバッグに不具合

  4. マツダ英国販売12%増、CX-3 と ロードスター が牽引…1‐5月

  5. アバルト全モデル、フィアット正規ディーラー全国79店舗での販売を開始

  6. 【リコール】トヨタ プリウス など74万台、カーテンエアバッグに不具合

  7. 【新聞ウォッチ】燃費不正の軽自動車4車種、あすから販売再開---三菱自と日産

  8. 自動車国内生産、軽乗用車が6か月連続の2ケタ減…5月

  9. スバル富士重、輸出好調持続で国内生産が5か月連続のプラス…5月実績

  10. ダイハツの軽市場シェアが急上昇、5か月ぶりの35%超え…5月実績

アクセスランキングをもっと見る