ホンダ岩村副社長「アメリカは非常に良い新車モデルサイクルに」

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダ 岩村哲夫 副社長
  • ホンダ 岩村哲夫 副社長
  • ホンダ 岩村哲夫 副社長
  • ホンダ シビック セダン 新型
  • ホンダCR-V 次期型 PHV スクープ写真
  • ホンダ リッジライン(デトロイトモーターショー16)
  • ホンダ オデッセイ(米国仕様)
ホンダの岩村哲夫副社長は1月29日に都内にある本社で開いた決算会見で、主力の米国市場での2016年の販売見通しについて「非常に良い新車モデルサイクルにかかってくる。170万台にできるだけ近づけたい」と述べた。

岩村副社長は「アメリカでは新型『シビック』がカー・オブ・ザ・イヤーを取得した。昨年5月以降、『パイロット』、『HR-V』と投入し、極めて好調な販売を進めている。またインセンティブについても業界の中で最低レベルを維持している。ニューモデルについてはほとんどゼロという状況で、かなり少ない金額でのインセンティブを継続している」と足元で好調な販売が続いていることを強調した。

さらに「総市場は昨年1747万台で、今年についてもほぼ同等の1750万台であろうという見通しをたてている。そういう中でホンダとしては引き続きニューモデルを投入する」と明かした。

具体的には「シビックは今年の初めに2ドアクーペ、半ば以降に5ドアも追加されるということもあって、販売を押し上げる。それに加えて『オデッセイ』、ボリュームセラーである『CR-V』のフルモデルチェンジ、年末にかけて『リッジライン』ということで、非常に良い新車モデルサイクルにかかってくる」と説明した上で、「170万台にできるだけ近づけるような台数を16年はやっていきたいと考えている」と述べた。

ホンダの15年の米国での販売実績は前年比3%増の158万6551台だったことから、7%程度の伸びをみこむことになる。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

    燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  2. 【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

    【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

  3. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  4. 【人とくるまのテクノロジー16】運転支援「次の一手」、開発中の技術を紹介…マツダ

  5. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  6. マツダ、SKYACTIV-Dの燃焼室構造が全国発明表彰 恩賜発明賞を受賞

  7. 【人とくるまのテクノロジー16】スマホと運転、両操作をつなぐ次世代コックピットを日本初公開…ヴァレオ

  8. 【人とくるまのテクノロジー16】 クラリティ の大小水素タンク2本が丸見え、 MIRAI との違い…ホンダ

  9. 日産ミスフェアレディに新人8名…総勢21名の2016年度新体制発表

  10. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

アクセスランキングをもっと見る