ホンダ岩村副社長「16年の米国販売は最高の170万台に近づけたい」

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダの岩村哲夫副社長は1月29日の決算発表会見で、2016年の米国新車販売について、新モデル効果によって「170万台(前年比7%増)にできるだけ近づけたい」と述べ、2年連続での最高更新を狙う方針を示した。

岩村副社長は16年の米国新車市場について1750万台程度と、2000年以来15年ぶりに過去最高となった15年並みの規模になるとの見通しを示した。そのうえで、自社の販売目標も最高の更新に挑む考えを表明した。

ホンダの15年の米国販売は前年を3%上回る158万7000台で過去最高だった。今年は昨年秋に発売し、乗用車部門の16年米国カー・オブ・ザ・イヤーになった新型『シビック』がフルに寄与するほか、米国版の『オデッセイ』や『CR-V』などが新モデルになる。岩村副社長は「非常にいいモデルサイクルとなっている」とし、市場の成長を上回る販売目標を打ち出した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

    トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

  2. 【ものづくりワールド16】松浦機械製作所のハイブリッド金属3Dプリンタ…人だかりの理由

    【ものづくりワールド16】松浦機械製作所のハイブリッド金属3Dプリンタ…人だかりの理由

  3. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

    イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  4. 中央道小早川橋と弓振川橋をリニューアル 10月から

  5. 参加費38万円、募金しながら走る自転車ツアー…マセラティ

  6. トヨタ、動向注視しながら影響を検証…イギリスEU離脱

  7. 【土井正己のMove the World】英国がEU離脱なら日本メーカーは英国離脱

  8. ファミリー派も納得、ミニバンの走りに安定感を…HKSのアル/ヴェル用新サスペンション「ハイパーマックス G」

  9. ランボルギーニ ガヤルド、生産終了…10年の歴史に幕

  10. 三菱自動車、燃費データ不正対象車両検索システムを運用開始…パジェロなど5車種

アクセスランキングをもっと見る