ホンダ岩村副社長「16年の米国販売は最高の170万台に近づけたい」

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダの岩村哲夫副社長は1月29日の決算発表会見で、2016年の米国新車販売について、新モデル効果によって「170万台(前年比7%増)にできるだけ近づけたい」と述べ、2年連続での最高更新を狙う方針を示した。

岩村副社長は16年の米国新車市場について1750万台程度と、2000年以来15年ぶりに過去最高となった15年並みの規模になるとの見通しを示した。そのうえで、自社の販売目標も最高の更新に挑む考えを表明した。

ホンダの15年の米国販売は前年を3%上回る158万7000台で過去最高だった。今年は昨年秋に発売し、乗用車部門の16年米国カー・オブ・ザ・イヤーになった新型『シビック』がフルに寄与するほか、米国版の『オデッセイ』や『CR-V』などが新モデルになる。岩村副社長は「非常にいいモデルサイクルとなっている」とし、市場の成長を上回る販売目標を打ち出した。
《池原照雄》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品