日野、第3四半期営業利益は1%増の813億円

自動車 ビジネス 企業動向

日野自動車 梶川宏専務役員
  • 日野自動車 梶川宏専務役員
日野自動車が1月29日に発表した2016年3月期の第3四半期累計(4-12月期)連結決算は、グローバル販売が過去最高レベルになり、営業利益は前年同期比1%増の813億円を確保した。

8%増と好調な国内がけん引しており、同期のグローバル販売は、過去最高だった前年同期にほぼ横ばいの約12万4000台となった。純利益は5%増の558億円だった。

通期予想は営業利益1100億円(前期比4%増)、純利益740億円(1%減)としている従来見込みを据え置いた。会見した梶川宏専務役員は通期の業績について「為替や原油価格など経済環境は想定以上のスピードで動いている。販売への影響も懸念されるが、何とか当初計画を達成していきたい」と語った。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

    オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

  2. クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

    クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

  3. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

    米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  4. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  5. 【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

  6. クルマを置かないVRショール―ム…タッチポイントが増える

  7. 車内温度を素早く下げるには「エアコン+窓全開走行」がおすすめ…JAF検証

  8. オートエクゼ、ラムエアインテークにディーゼルエンジン搭載車用を追加設定

  9. 【池原照雄の単眼複眼】ソウルレッドの次はこれだ…マツダの新ボディカラー

  10. 軽自動車の世帯当たり普及台数…100世帯に54.3台 2015年末現在

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら