タカタの高田会長兼社長、辞任を否定…自動車メーカーと会合

自動車 ビジネス 企業動向

タカタのエアバッグリコール対象となっているホンダ アコード(資料画像)
  • タカタのエアバッグリコール対象となっているホンダ アコード(資料画像)
タカタは、1月29日に自動車メーカーに対して現状を説明する会合を開催したと発表した。

一部報道で、タカタが会合で、今後のリコールの対応方針や、経営支援の要請、高田重久会長兼社長の辞任表明があるとされたが、タカタでは「会合に関しては、この場で開示すべき事項はない」とコメント。

また、高田会長兼社長の辞任に関する報道については「当社が発表したものではなく、現時点で辞任する意向はない」と辞任を否定した。

同社では、エアバッグを搭載した自動車の度重なるリコールにより、「製品のユーザー、株主、取引先をはじめ、関係者に多大なるご心配とご迷惑をお掛けしておりますことを踏まえ、引き続き、製品安定供給の完遂に全力を尽くす」としている。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品