ホンダ、通期予想は据え置き…営業利益6850億円、当期利益5250億円

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダが1月29日に発表した2016年3月期の第3四半期累計(4-12月期)連結決算は、リコールに伴う品質関連費用など販売管理費の増加により、営業利益は前年同期比3%減の5672億円となった。

4輪車のグループ世界販売は22%増の351万台と、中国の伸びなどによって好調に推移した。だが、エアバッグのリコールの増大で費用の積み増しを迫られた。最終損益(当期利益)は2%増の4379億円だった。

通期の予想は、2輪車販売などの下方修正で売上収益(売上高)を従来比で500億円下方修正したものの、営業利益6850億円(前期比2%増)、当期利益5250億円(3%増)は据え置いた。岩村哲夫副社長は利益予想について、「売上台数の減少や新興国通貨安などの影響はあるものの、コストダウン効果により前回と同額にした」と説明した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

    トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

  2. 【ものづくりワールド16】松浦機械製作所のハイブリッド金属3Dプリンタ…人だかりの理由

    【ものづくりワールド16】松浦機械製作所のハイブリッド金属3Dプリンタ…人だかりの理由

  3. ランボルギーニ ガヤルド、生産終了…10年の歴史に幕

    ランボルギーニ ガヤルド、生産終了…10年の歴史に幕

  4. 英マクラーレンのスーパーカー、MP4-12C が生産終了へ…3年の歴史に幕

  5. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  6. 参加費38万円、募金しながら走る自転車ツアー…マセラティ

  7. ADVAN FLEVA V701 試走、グッドハンドリングで乗り心地も快適

  8. 日産 GT-R NISMO、米国価格公表…ポルシェ 911ターボ を超えた

  9. 日産 ムラーノ 新型、ロシアで現地生産を開始

  10. 自動車ブランドのサーブ、消滅へ…70年の歴史に幕

アクセスランキングをもっと見る