人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

ホンダ、通期予想は据え置き…営業利益6850億円、当期利益5250億円

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダが1月29日に発表した2016年3月期の第3四半期累計(4-12月期)連結決算は、リコールに伴う品質関連費用など販売管理費の増加により、営業利益は前年同期比3%減の5672億円となった。

4輪車のグループ世界販売は22%増の351万台と、中国の伸びなどによって好調に推移した。だが、エアバッグのリコールの増大で費用の積み増しを迫られた。最終損益(当期利益)は2%増の4379億円だった。

通期の予想は、2輪車販売などの下方修正で売上収益(売上高)を従来比で500億円下方修正したものの、営業利益6850億円(前期比2%増)、当期利益5250億円(3%増)は据え置いた。岩村哲夫副社長は利益予想について、「売上台数の減少や新興国通貨安などの影響はあるものの、コストダウン効果により前回と同額にした」と説明した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

    【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

  2. アンモニアから燃料電池車用水素を製造する---広島大学など技術開発に成功

    アンモニアから燃料電池車用水素を製造する---広島大学など技術開発に成功

  3. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

    米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  4. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  5. クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

  6. オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

  7. イエローハット、福井および鹿児島に新店舗オープン…7月29日

  8. 高速バス100路線フリーパスなど…59社が結束、インバウンド活性化

  9. 富士重「スバル」へ社名変更、そのねらいとは

  10. 搭載車両、続々! 新カーオーディオ・システム、クラリオン「フルデジタルサウンド」の音と魅力

アクセスランキングをもっと見る