【リコール】ジープ グランドチェロキー、走行中エンジン停止のおそれ

自動車 ビジネス 企業動向

ジープ・グランドチェロキー
  • ジープ・グランドチェロキー
  • 改善箇所
FCAジャパンは1月29日、ジープ『グランドチェロキー』の燃料ポンプリレーに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『グランドチェロキー』1車種で2011年10月22日から2013年5月30日に輸入された2855台。

エンジンルーム内の燃料ポンプリレーの耐熱性が低いため、エンジンルーム内の熱により、リレー内部で接触不良が発生するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、燃料ポンプが停止し、最悪の場合、走行中にエンジンが停止するおそれがある。

改善措置として、全車両、対策品の燃料ポンプリレーを新設する。

不具合および事故は発生していない。本国メーカーからの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

    トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

  2. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

    イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  3. ランボルギーニ ガヤルド、生産終了…10年の歴史に幕

    ランボルギーニ ガヤルド、生産終了…10年の歴史に幕

  4. 【ものづくりワールド16】松浦機械製作所のハイブリッド金属3Dプリンタ…人だかりの理由

  5. 英マクラーレンのスーパーカー、MP4-12C が生産終了へ…3年の歴史に幕

  6. 自動車ブランドのサーブ、消滅へ…70年の歴史に幕

  7. トヨタ、動向注視しながら影響を検証…イギリスEU離脱

  8. ファミリー派も納得、ミニバンの走りに安定感を…HKSのアル/ヴェル用新サスペンション「ハイパーマックス G」

  9. 参加費38万円、募金しながら走る自転車ツアー…マセラティ

  10. 三菱自動車、燃費データ不正対象車両検索システムを運用開始…パジェロなど5車種

アクセスランキングをもっと見る