【リコール】ジープ グランドチェロキー、走行中エンジン停止のおそれ

自動車 ビジネス 企業動向

ジープ・グランドチェロキー
  • ジープ・グランドチェロキー
  • 改善箇所
FCAジャパンは1月29日、ジープ『グランドチェロキー』の燃料ポンプリレーに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『グランドチェロキー』1車種で2011年10月22日から2013年5月30日に輸入された2855台。

エンジンルーム内の燃料ポンプリレーの耐熱性が低いため、エンジンルーム内の熱により、リレー内部で接触不良が発生するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、燃料ポンプが停止し、最悪の場合、走行中にエンジンが停止するおそれがある。

改善措置として、全車両、対策品の燃料ポンプリレーを新設する。

不具合および事故は発生していない。本国メーカーからの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

    【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

  2. 日本車初期品質、ブランド別でトヨタがトップ…JDパワー

    日本車初期品質、ブランド別でトヨタがトップ…JDパワー

  3. 三菱自、アウトランダー の中国現地生産を開始

    三菱自、アウトランダー の中国現地生産を開始

  4. ランボルギーニ青山、エアロダイナミックキット装着の ウラカン を展示…9月3日・4日

  5. スタッドレスタイヤ購入先、オートバックスが2年連続トップ

  6. 作業効率が大幅にアップするバランスウエイト。マルエム、1年がかりの自信作

  7. レクサス IS、世界累計販売100万台…17年で達成

  8. 【エンディング産業展16】光岡自動車の霊柩車…自分が送ってもらいたいと思う車を

  9. 多胡運輸が破産、首都高のローリー火災事故で損害賠償32億円

  10. ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら