JAL、函館空港と西日本各地を結ぶ乗継割引運賃を期間限定で拡充…4~5月

航空 企業動向

日本航空(JAL)は、北海道と結んだ包括連携協定に基づいて函館空港と西日本各地を結ぶ「乗継割引運賃」を4月と5月に拡充すると発表した。

北海道新幹線開業に向けて注目されている函館・道南エリアで航空の利便性や特性を活かし、北海道と新たな観光資源の創出に取り組む。

羽田空港、伊丹空港を経由する西日本各地の空港と函館空港発着の「乗継割引運賃」が設定されている路線は、28日前まで予約・購入するとお得な「先得割引タイプA」の合算運賃と比べて最大1万1300円安くなる。

さらに、これまで「乗継割引運賃」の設定がなかった羽田空港と山口宇部・徳島・高松・高知空港を結ぶ路線を設定対象に加える。

また、奥尻空港へは函館空港経由の乗継便を活用して羽田空港・伊丹空港を発着する「特別乗継割引」、「乗継割引7/28」を初めて設定する。運賃は普通運賃の合算比較で最大56%割引となる。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品