ボッシュ暫定決算、売上高が初の700億ユーロ超え…2015年

自動車 ビジネス 企業動向

ボッシュのレニンゲン研究センター
  • ボッシュのレニンゲン研究センター
ドイツに本拠を置く自動車部品大手、ボッシュグループは1月27日、2015年の通期決算(暫定)を発表した。売上高が初めて、700億ユーロ(約9兆4000億円)を超えている。

この売上高は、前年実績に対して、およそ10%の増加。利益も改善し、支払金利前税引前利益(EBIT)が、特別要因を含めて約50億ユーロ(約6700億円)に。特別要因を除いた後の利益は、45億ユーロ(約6000億円)を確保した。

事業部門別では、モビリティソリューションズセクターが暫定値ながら、売上が大幅に伸びた。2015年の同セクターの売上高は、417億ユーロ(約5兆6000億円)と、前年比12%増。中でも好調だったのが、ガソリンとディーゼル燃料の噴射システム、ドライバー アシスタンス システム、インフォテインメントシステムだった。

地域別では、欧州の売上が前年に比べて、確かな伸びを記録。暫定値では、売上高は前年比4.2%増の375億ユーロ(約5兆円)を達成した。売上が大きく伸びた地域は北米で、売上高を前年比24%増の126億ユーロ(約1兆7000億円)。アジア太平洋地域も、前年比16%増の191億ユーロ(約2兆6000億円)と好調だった。

ボッシュ取締役会のフォルクマル・デナー会長は、「技術革新力をばねに、厳しいビジネス環境と市場の低迷を乗り切り、2015年も成長傾向を維持できた。業績改善の最大の原動力となったのは、ネットワーク化ソリューションを相次いで打ち出せたこと」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. マツダ、世界生産台数が3か月連続マイナス 7月実績

    マツダ、世界生産台数が3か月連続マイナス 7月実績

  2. 水曜日のカンパネラ、プリウス試乗ソング「松尾芭蕉」[動画]

    水曜日のカンパネラ、プリウス試乗ソング「松尾芭蕉」[動画]

  3. タカタ製エアバッグのリコール、1000万個を修理…米国

    タカタ製エアバッグのリコール、1000万個を修理…米国

  4. スバル富士重、世界生産台数が9か月ぶりのマイナス…国内稼働日数減少 7月実績

  5. スズキ、登録車好調も軽自動車販売は19か月連続のマイナス 7月実績

  6. 車中泊での一酸化炭素中毒から身を守る…ドッペルギャンガー、CO計測器を発売

  7. マツダ ロードスター RF、発売記念車は得意客に優先販売…米国

  8. 日産の発信拠点、銀座にオープンへ…NISSAN CROSSING

  9. ジープ ラングラー 次期型、ボディパネルは自社製に…新工場で生産

  10. BMWブランドのPHV販売、西欧で好調 7月

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら