レクサス RX 新型、米国でリコール…ニーエアバッグに不具合

自動車 ビジネス 海外マーケット

レクサス RX 新型
  • レクサス RX 新型
  • レクサス RX 新型
トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は1月27日、新型レクサス『RX』の一部を、リコール(回収・無償修理)すると発表した。

今回のリコールは、エアバッグの不具合が原因。米国トヨタ販売によると、新型レクサスRXに装備される運転席ニー(膝)エアバッグが製造上の不具合により、事故の際、本来の性能を発揮しない恐れがあるという。

リコールの対象となるのは、新型レクサスRXの「RX350」グレード。また、このリコールでは、ハイブリッドも対象となり、レクサス「RX450h」も含まれる。

2グレード合計で2016年モデルの一部、およそ5000台がリコールに該当する。

米国のレクサスは、対象車を保有する顧客に通知。販売店で点検を行い、部品を交換するリコール作業を行うとしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

    国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

  2. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  3. マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

    マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

  4. 【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

  5. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  6. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

  7. 【ストップ 粗悪修理】危険! 車が真っ直ぐ走らない…不完全修復の全貌 その4

  8. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

  9. 日産のグローバル生産台数、過去最高…48万7908台 6月実績

  10. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら