自動車技術に関するCAEフォーラム、3月8日・9日開催…各メーカーのエキスパートが登壇 | レスポンス(Response.jp)

自動車技術に関するCAEフォーラム、3月8日・9日開催…各メーカーのエキスパートが登壇

自動車 ビジネス 国内マーケット

日本大学生産工学部 自動車工学リサーチ・センターは、「第2回 自動車技術に関するCAEフォーラム2016 自動車の研究開発・設計・製造におけるCAE最前線-それを支える計測・実験技術」を3月8日・9日の2日間、ソラシティカンファレンスセンター(東京・お茶の水)で開催する。

CAE(Computer Aided Engineering)とは、コンピュータ技術を活用した製品設計や工程設計の事前検討支援、またはそれを行うツールを指す。CAE技術の応用は多分野に跨り、自動車分野に限っても所属する企業や開発者や技術者といった個人レベルによってもその捉え方は大きく異なる。CAEフォーラムはこのような混沌とした状況に対して、産学連携により1つの指標を提示しようというものだ。

今回のフォーラムは、「構想設計」「構造・設計」「機能設計」「燃焼・熱流体」「自動運転と走行制御系の予測・設計技術」というの5つのカテゴリーにアプローチ。トヨタ自動車、日産自動車、本田技術研究所、マツダ、日野自動車、三菱自動車、スズキ、いすゞ自動車などからCAE技術のエキスパートを講演者に迎え、自動車分野におけるCAEの導入事例などを紹介する。

また恒例の基調講演では、長年日産自動車で技術統括を担ってきた山下光彦氏、さらにロボット技術に造詣の深い本田技術研究所の竹中透氏が登壇する。

受講料は無料(事前登録制)。懇親会への参加は有料(4000円)となる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品