TAPポルトガル航空、リスボン=ビーゴ線を開設へ…7月1日

航空 企業動向

TAPポルトガル航空は7月1日からリスボン=ビーゴ線を開設する。運航便数は1日1往復。

ビーゴはスペイン北西部の港町。新路線の開設により、TAPのスペインネットワークはマドリード、バルセロナ、セビリア、マラガ、ビルバオ、バレンシア、オビエド、ア・コルーニャ、ビーゴの9地点となる。

フライトスケジュールは次の通り。TP1140便はリスボンを16時55分に出発し、ビーゴに19時20分に到着。TP1141便はビーゴを20時に出発し、リスボンに20時30分に到着。所要時間は約1時間半。機材はATR72。

TAPはリスボン発着の主な欧州路線として、アムステルダム、デュッセルドルフ、ロンドン、ローマなどに就航している。
《日下部みずき》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品