FCA、主力セダン2車種の生産を終了へ…SUVにシフト

自動車 ビジネス 海外マーケット

ダッジ ダート
  • ダッジ ダート
  • クライスラー200
米国の自動車大手、FCA(フィアット クライスラー オートモービルズ)。同社が、クライスラーとダッジブランドの主力セダンの生産を終了することが分かった。

これは1月27日、FCAが中期経営計画、「2014‐2018ビジネスプラン」の改訂版の中で明らかしたもの。2014‐2018ビジネスプランは2014年5月、FCAが今後5年間の成長計画を提示するために発表していた。

この2014‐2018ビジネスプランの改訂版の中で、FCAは、「クライスラー『200』とダッジ『ダート』の生産を、1年半以内に終了する」と公表している。

今回の決定は、米国市場でのガソリン価格の下落により、顧客の嗜好がSUVやピックアップトラックにシフトしていることを受けての対応。今後の販売増が見込めないため、中小型セダンのクライスラー200とダッジダートの生産を終了する。

その代わりに、FCAは、ジープブランドのSUVや、ラムブランドのピックアップトラックの開発を強化していく、としている。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品