フォード、北米中心に39万台を追加リコール…タカタ製エアバッグの不具合

自動車 ビジネス 海外マーケット

フォード レンジャー
  • フォード レンジャー
米国の自動車大手、フォードモーターは1月26日、タカタ製エアバッグの不具合により、北米中心におよそ39万台を追加リコール(回収・無償修理)すると発表した。

このリコールは、タカタ製のエアバッグのインフレーター(膨張装置)の不具合によるもの。ガス発生剤の成型工程や成型後の吸湿防止措置が正しく行われず、密度が不足したガス発生剤が組み込まれた可能性がある。

これにより、エアバッグ展開時にインフレーター内圧が異常上昇。インフレーター容器が破損して飛び散り、出火や乗員が負傷する恐れがあるという内容。

今回、フォードが追加リコールを発表したのは、『レンジャー』の2004-2006年モデル。北米で生産されたモデル39万1394台が追加リコールの対象になる。

39万1394台の内訳は、米国が36万1692台、カナダが2万9334台など。フォードモーターは販売店において、エアバッグのインフレーターを交換するリコール作業を行う。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. VW、米政府と和解…排ガス不正車を買い取りへ

    VW、米政府と和解…排ガス不正車を買い取りへ

  2. マツダの4車種、米国でリコール…ステアリングに不具合

    マツダの4車種、米国でリコール…ステアリングに不具合

  3. スバル レガシィ、米国でリコール…ステアリングに不具合

    スバル レガシィ、米国でリコール…ステアリングに不具合

  4. マツダ、グローバル生産台数が17か月ぶりのマイナス…5月実績

  5. ダイハツ、トヨタの完全子会社化を株主総会で承認

  6. スタイリッシュな車載防災セット、カーエマージェンシーボックス発売

  7. スズキ、登録車好調も軽自動車販売は17か月連続マイナス…5月実績

  8. 三菱自動車の下請け7800社、不正影響拡大が懸念…帝国データバンク

  9. メルセデス Cクラス、米国でリコール…パワーステアリングに不具合

  10. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

アクセスランキングをもっと見る