Apple、過去最高益を記録するもiPhone売上が鈍化

エンターテインメント 話題

2016年度第1四半期の業績を発表したApple (C) Getty Images
  • 2016年度第1四半期の業績を発表したApple (C) Getty Images
  • 2016年度第1四半期の決算(地域別)
  • Services事業の決算内容
 米Appleは現地時間26日、2016年度第1四半期(2015年10月~12月)の業績を発表した。当四半期の売上高は759億ドル、純利益は184億ドル、いずれも過去最高記録だという。

 ただし前年同期は、売上高746億ドル、純利益180億ドルで、成長の勢いは鈍化の傾向にある。背景には、iPhoneの販売台数が頭打ちになりつつあり、伸び悩みがあると見られる。

 一方Apple CEOのティム・クック氏は、「私たちのチームはAppleの過去最高の四半期を達成しました。これに貢献したのが世界でもっとも革新的な製品と、iPhone、Apple WatchそしてApple TVの過去最高の販売台数です。当四半期、Services事業の成長が加速し、過去最高の業績を生み出すこととなりました。また、市場で実際に使われている当社製品の数であるインストールベースは最近、重要な節目となる10億台を超えました」とのコメントを寄せている。

 2016年度第2四半期の業績については、売上高500億ドル~530億ドルを予想している。

Apple、iPhone伸び悩みで成長に鈍化傾向……第1四半期売上高は759億ドル

《冨岡晶@RBB TODAY》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品