フォード 欧州販売10.8%増の128万台、2011年以降で過去最高…2015年

自動車 ビジネス 海外マーケット

フォード・フォーカス
  • フォード・フォーカス
  • フォード フィエスタ
  • フォード クーガ 新型
  • フォード・トランジット
米国の自動車大手、フォードモーターの欧州法人、フォードオブヨーロッパは1月12日、2015年12月の欧州市場における新車販売の結果を公表した。総販売台数は、10万2400台。前年同月比は22.2%増と、13か月連続で前年実績を上回った。

信用不安を抜け出した欧州市場は、回復傾向にある。12月の前年同月比は22.2%増と大きく伸びて、13か月連続のプラス。12月の市場シェアは、前年同月比0.4ポイント増の7.7%だった。

12月の車種別実績では、『フィエスタ』が2万2600台と、引き続き、フォードブランドの欧州最量販車に君臨。これに続いたのは、『フォーカス』で1万6400台。以下、
『クーガ』が8900台、『C-MAX』が6700台など。商用車では、『トランジット』の好調により、2015年の欧州商用車市場でシェア1位に君臨する。

フォードモーターの2014年の欧州新車販売は、前年比7.3%増の116万台。2015年実績は、前年比10.7%増の128万3400台と、2011年以降では過去最高だった。

フォードオブヨーロッパのジム・ファーレー会長兼CEOは、「2015年、顧客は新型『マスタング』や『モンデオ』のような、エモーショナルで上級志向のフォード車を選択してくれた」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ポルシェ パナメーラ 初代、生産終了…7年の歴史に幕

    ポルシェ パナメーラ 初代、生産終了…7年の歴史に幕

  2. アストンマーティン アジア太平洋地区代表「日本を主要市場と位置付けている」

    アストンマーティン アジア太平洋地区代表「日本を主要市場と位置付けている」

  3. 大豊工業グループ、エンジンベアリングの生産能力を増強へ

    大豊工業グループ、エンジンベアリングの生産能力を増強へ

  4. 【池原照雄の単眼複眼】2代目はグローバルで100万台目指す…プリウスPHV 開発者の密かな決意

  5. 茨城日産、ルノーつくばを新規オープン…県内2店舗目 9月3日

  6. 二次電池世界市場、2020年には25.7%増…8兆1456億円に拡大

  7. カレコカーシェアリング、レクサス 3車種を都内3ステーションに導入

  8. ボルボカーズ、400名のエンジニアを採用…過去最大規模

  9. 国産名車コレクション スペシャルスケール1/24、先行予約開始…創刊号はトヨタ2000GT

  10. 作業効率が大幅にアップするバランスウエイト。マルエム、1年がかりの自信作

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら